2005年10月28日

教科書の新提案

新会社法セミナーで思い出したのですが、商法は今回の大改正の前にも、
毎年のように何かしらの改正が行われてきました。

当然それとともに、教科書も改訂されるわけです。全てではないにしても
主だった本はだいたい改訂されてますね。

となると、読むほうとしても毎年買うことになるわけです。
とはいっても、これまでの改正は一部改正ですから、改正された分だけ
欲しかったりします。
いろんなところに影響するので単純にそうもいきませんが。


そうすると、教科書代の負担もなかなかのものだったりします。
そういったものをケチると云々、という話は置いとくとして。
最近は改正が多いのは会社法だけでもないですしね。


で、ですよ。全面改正された後ではむなしい話ですが、それまでは会社法の
教科書は加除式にならないかと常々思ってました。
バインダーで閉じる形式にして、変わったところだけ差し替えると。
バージョンアップ版だけ買えばお得!

ちょっと予備校テキストっぽくて嫌がられそうですけど。
作るほうのコストとしてはどちらが楽なんでしょうかね?
差し替え版だけでなく、通常版も売るとなると二度手間になりそうですし。
といっても、作るほうでも差し替えればいいだけのような気もしますし。


加除式はちょっと難しそうなので、PCソフトみたいに優待版とかないですかね。
旧版を下取りに持っていけば、新版が割引で買えるっていう感じで。
法律が変わった後の旧版って使い道がないですしね・・・


ついでに乗り換えキャンペーンとかまでやり始めて、対象となる教科書と、
説が対立してる教科書を下取りに持って行くと割引になるとか。

ex.行為無価値→結果無価値のお乗換えで3割引!。

何かものすごいしがらみ配慮とかいろいろ出てきそうで怖いですねー。

posted by Livingdead at 02:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

無料セミナー開催(会員様限定)

現在の日本は、明治初期、第二次大戦終戦直後に次ぐ、第三の立法の波が
押し寄せている時期なのです。
と、先日の授業の受け売りで知ったかぶってみます。

実際にも六法のうち、ここ10年で大きな改正を受けていないのは憲法ぐらい
のものですしね。
なかでも、法科大学院の現3年生が最も気になるのはやはり商法(会社法)でしょう。
施行の有無を問わず、新司法試験での出題は新会社法を前提として出されるそうですから。

一応、「新しい会社法と従来の商法第2編「会社」との間で実質的な改正があった
部分については,基本的なもの以外は出題されないこととされています」
なんてことが言われていますが、法科大学院や新司法試験のドタバタからしても
どこまで信用できるかわかったもんじゃありません。


そして、この冬学期、われわれの学校ではいわゆる商法の授業は開講されていません。
わずかにゼミがいくつかあるくらいです。
つまり、新会社法については学校で勉強する機会はないということですね。

おそらくこれまでなら、今までの蓄積でどうにかしろ、大学院まで来て教えて
もらおうなどと言うな、なんてことが言われたことでしょう。


しかし。そのような人柱現3年生を哀れに思ったのか、なんと学校側が
新会社法についての3年生限定のセミナーを開いてくれるというのです。
しかも無料!まぁ、高い学費を払ってるのですからこれ以上取られたらかなわん
といえばそうなんですけど。

それも、何人もの先生が会社法の各分野についてオムニバス方式で行うとのこと。
この学校は商法の先生が多いのでできる試みですね。
時間も120分×6コマ+100分×1コマと充実の時間数。1日2コマもあったりするのは
ご愛嬌。さすがに普段の授業のような負担はないでしょうし。


このセミナーは素直にありがたいです。やはり単に本を読んだりするより、
解説を受けつつ勉強したほうが効率いいですから。
と、再履修科目を受けてる人間が説得力豊かに語ってます。
いやほんと。理解の深度が違いますってば。
posted by Livingdead at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月22日

ホントにただの日記じゃないか

「萌えにはまる」という言葉の使い方に何か違和感を感じる人、挙手。
いや、そういう使い方をする人がまわりにけっこういるんです。
「悲しいにはまる」と言ってるのと似た違和感ですね。

あと、彼らは「萌え」のイントネーションが「萌」にあるんですよね。
平坦ではなく。これについてはどこかで読んだのですが・・・忘れました。
これもちょっとすわりが悪いです。


新宿の某量販店でGR-Dを触ってたら、おじさんに「これいいよねぇ」と
話しかけられ、しばしGR話。や、カメラにはまったく詳しくないのですが。
いつかCONTAX T3を買いたいと思ってたのですが生産終了どころか、
京セラ自体がカメラから撤退ですし、GR-Dいいですねぇ。
吸い付くようなグリップにやられました。

7万はさすがにおいそれと買える値段じゃないですが。卒業祝いということでひとつ。

それにしても老若男女日本人外国人といろんな人がGR-Dに興味を示してました。
そりゃメーカー在庫も発売即日で切れますわな。


先日秋葉原の小道で、「悪そうなやつは大体友達」風な3人組に絡まれかけました。
無視しましたが。ニヤニヤして「おーい」じゃねぇよ(まさにネット弁慶)。

別の日には学食でご飯を運んでいたら、衝突されて味噌汁半減。
減った半分は体で吸収。そう焦って箸を取らなくてもよいですよ。

よくよく人と絡むことの多い週でした。


最近のエントリを見ると、コマ数が減った影響が如実に現れてますね。
新司法試験の対策を本格化させて、その辺でネタを稼ぐことも考えますかね。
精神的に緩んでるというのもありますでしょうし。

もしくは判例について熱く語るとか。うん無理。
posted by Livingdead at 05:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

延長戦に入りました

月曜1限目、折からの雨、履修登録確定、という条件がそろって
最も大きい教室がほぼ埋まるというところにロー生の底知れぬ力を
感じ取りましたね。
ちょっと出遅れたらものの見事に路頭に迷い、危うく帰るところでした。


教室が足りない、ということは散々訴えてきました。
曜日によっては、一つの教室をほぼ一日中使ってることもあります。
ということは、一つ授業が終わればすぐに退散しないと次の授業の生徒や先生が
なだれ込んでくるということです。


とある授業の前のこと。

前の時間の授業が終わるのを教室の外で待っていました。よくある風景です。
しかし終了時刻を過ぎても人が出てくる気配がありません。よくある風景です。
さらに開始時刻を過ぎても人が出てくる気配がありません。さすがにない風景です。

始まってるのと勘違いしたのか、後の授業(私が受ける授業ですね)の履修者が
うっかり教室内に入ってしまい、前の授業の先生から注意されたようです。
なぜに。いや、授業中なんでしょうけど。


私らの授業の先生もすでに来られて待ってます。まだ終わりません。
さすがに痺れを切らした先生が入ってみたところ、どうやら終了時刻を把握して
なかったそうでして、あわてて終わらせたみたいです。

ほっといたらどこまで伸びてたんでしょうね。


この先生に限らず、延長が大好きな先生は時々おられます。
以前に書いたものも含まれてますが、

毎回のように昼休みをほぼ丸ごとつぶしたり、
同じ教室で後に授業が入ってると伸ばせないという理由でマイナーな教室を
使っているという噂があったり、
次の時間に授業がある人がいないことを確認して、てぐすね引いて待っていたり、
さまざまです。


それにしても、人が詰まっていた教室に入った瞬間に感じる空気の悪さはひどいもんです。
posted by Livingdead at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

シアラーの名誉のために

友人から「週刊サッカーダイジェスト」(10月25日号)のオーウェンとシアラーの
4コマ漫画(「スーパーさぶっ!劇場」ですね)が面白かったと聞き、
遅ればせながら読んでみました。その内容はというと、

・ニューカッスルに移籍したオーウェン、檻のようなところへ
・そこに老け込んだシアラー「私もここに10年・・・」
・オーウェン「こ、ここは一時預かり所ですよねっ!?」

というもの。
「銀河系」レアルからプレミアの中堅チームに「都落ち」したオーウェンを
ネタにした、という感じですかね。

オーウェンの移籍に多少そういうイメージがあるというのは仕方ないにしても、
比較サンプルとしてシアラーを使ったのはまずいのではないしょうか。


移籍当時のシアラーといえば、欧州選手権得点王、プレミア2年連続得点王を
とって当代一ともいえるストライカーでした。

当然、マンUをはじめ名だたるクラブからの誘いがありましたが、それを蹴って
昔からの憧れのクラブである地元ニューカッスルを選んだわけですよ。
そして移籍金は当時の最高額であったと記憶しています。

ということからしても、シアラーはずっとニューカッスルでやるということを
前提に移籍してるのでしょうから、シアラーにとってのニューカッスルは
決して「一時預かり所」ではないと思うわけです。


まぁ、雑誌の小さな4コマに突っ込むのも野暮な話ではありますが、
シアラーはサッカーを見始めて間もない頃、私の最も好きな選手の一人でしたし、
4コマ作者の村山さんも、F1速報の4コマは単行本はいくつか持ってますし、
いろんな意味でちょっと残念だなぁ、と思ったので突っ込んでみました。


ところで同様にアイドルだったモストボイは今どこでどうしてるんでしょう・・・
しばらく前にアラベスにいると聞いたのですがいませんし。
posted by Livingdead at 02:59| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月14日

存在の耐えられない気まずさ

それなりに混んだ電車、バスの車内でなぜか自分の周りの席にだけ
人が座らない、という経験はある人は挙手。
はい、お仲間です。


最終学期というのにいまさらながら(?)クラス別の授業が復活しました。
夏学期にはなかったのになぜでしょう。
そもそも最終学期にまで必修を引っ張らなくても。


先日その授業の第1回目があったのですが、何かこれはこれで新鮮ですね。
なんとなく懐かしい感じです。いい悪いはともかく。

形式はいつものように、設問→指名→回答という流れですが、
最初ということもあって名簿順に指されます。
いよいよ次の設問が自分だと思ったその瞬間、ものの見事にすっ飛ばされました。

その前の時間が再履修クラスだっただけに、私、実は留年してた?
なんてことを考えたり。単なる見落としですけどね。


それにしても再履修で下のクラスに混じったときの気まずさはステキすぎますね。
まさに罰ゲームにふさわしい・・・
posted by Livingdead at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月11日

不具合に挑め!

知人がネット開通するというので手伝いに行ってみました。

無事開通を確認、再起動までいってネットに接続すると、妙なサイトにつながります。
しかも、接続して数分もしないうちに接続が切れるという不具合つき。

どうにかavast、AD-Awareを導入すると、最初のわずかなサイト閲覧、
WindowsUpdateの間にスパイウェアにトロイが来たようで・・・


これらで解決したようにも見えましたが、再起動すると復活してるっぽいんです。
avastってなんか微妙ですね。使い方にもよるのでしょうが。
削除だか移動だかにチェストとか、どうにもよく分かりませんでした。
素人にはようわからんです。

そして今度はNortonAntiVirusの体験版導入でなんとか駆除成功。
以前雑誌かサイトで、対策なしのPCがあっという間に汚染されていくレポを
読みましたが、それに近い状態となってしまったようです。


駆除はしましたが、あいかわらずサイトの閲覧はすぐに接続が切れる状態です。
乏しい知識であれこれやりましたが、結局最後に判明した原因は、

WindowsXP ServicePack2

嘘だッ!と心の中で叫びました。脳内でゲイツに鉈持って対峙する自分が。
WindowsUpdateで入れてたのが敗因でした・・・まさにポートピア級の結末。

確かに不安定だとか多少の噂は聞いてましたけど。ねぇ。
ちょっと古めのマシンだと入れないほうがいいんですかね。
ちなみにマシンはPetium3 1GHz 256MB 30GBのA4ノートです。


一時期、自習室のPCを立ち上げると、ウイルス定義ファイルを更新しなさいという
メッセージが毎度出てくるのでめんどくさかったです。今は出ませんね。

もっとも「はい」にしたところで、自習室のPCは、ログオフ、シャットダウンすると
PC内のデータがリセットされてしまうので意味ないんですよ。
このリセット仕様は意外とめんどいです。
USBメモリやWeb上にデータを置いておけば済む話ではありますけど。
とにかく自習室のPCでは作業はするなというメッセージが伝わりますねー。


みなさんもPCのセキュリティには注意しましょう。
posted by Livingdead at 04:05| Comment(4) | TrackBack(0) | デジタルモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

セレクション

ホントに履修登録があれだけでよかったのか不安になったりします。
数としては絶対足りてるんですが、なにぶん初年度なのでどっかに落とし穴が
あるんじゃないかと疑心暗鬼になりますのです。


基本的に各自取りたい授業を勝手に登録すればいいのですが、場合によっては
履修者数制限がかけられることもあります。

代表的にはゼミですね。ゼミを履修するには、あらかじめ希望するゼミについて
申込書を提出して、先生の許可を得る必要があります。
人数が少なければたいていはそのまま通りますが、多いと選抜が行われるそうです。
方法は先生によって違うと思うのでなんともわかりません。


必修では前に書いたと思いますが、抽選が行われます。
なんで必修になると抽選になるのかよく分かりませんが、クラス別授業と同じ
程度の規模で授業をやりたいということなのでしょう。


さらに、今期はゼミではないですが、人数を絞って行う授業もあります。
ゼミと同様にあらかじめ届出を出しておくのですが、選考方法が明示されてました。

その授業に関連する科目の履修を前提に、その成績を考慮して選ぶと。
それ以外にも周辺科目も考慮対象なんだとか。
結果についての掲示によると非常にレベルの高い選考だったそうです。

なんというか同じ学校にいても、住んでる世界は違うんだなぁ、ということを
あらためて実感しました。

そういや成績に関して書いたことがなかった気がするのでそのうちに。
posted by Livingdead at 04:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

過去数年でもっとも頭が緩い状態

夏学期終了〜試験まではやはり試験のことが頭のどこかにありますし、
試験後〜成績発表まではなんか落ち着きませんし、
履修登録にすら頭を使わない今は、法科大学院入学以来最もリラックス
した状態であるといえましょう。


なので今週は、火曜日にAimee Mann(エイミー・マン)来日公演に出かけました。
マグノリアからのニワカファンですけど、それでも待望の来日でしたからね。
客層はやっぱり年齢層が高め、20代後半から30代くらいの人が中心でした。
高校生、大学生っぽい人はほとんど見かけませんでした。

ジーンズに赤のタンクトップでギターを抱えたAimee、やばいくらいかっこいいです。
確か45歳のはずですが、とてもとても見えませんよ。

「Momentum」は聞けませんでしたが、その他選曲に不満はなし、
特に本編ラスト「I Can't Help You Anymore」、アンコール1回目ラスト「Deathly」
はしびれました。「Deathly」聞けただけでももう感動ですよ。
そういや帰り道で「Deathly」口ずさみながら帰ってる人がいましたが、
気持ちは非常によく分かります。

時々、曲の合間に次の曲の解説までしてくれたりと、ほんとにいいもの見ました。


水曜日はナビスコ準決勝、横浜F・マリノスVSガンバ大阪。
ここ最近のしょぼしょぼ内容からするとぐっとよくなりましたが、それでも
勝ちきれないのはあいかわらず。
那須の奮闘に、途中で引きましたが栗原の守備、久しぶりの中西の安定度と
見所はあったんですがねぇ・・・

グラウも出来は悪くはないでしょうが、あれは本来坂田あたりが担う役割で、
外国人枠を使うならフィニッシャーを呼ぶべきでは・・・
ブリットみたいなタイプがふさわしかったかも?
あと、なぜに大島を出さないのかはよく分かりません。

吉田主審は今年になってからちょっと落ち着きがないように感じます。


そして今日はDirectors LabelのMichel Gondryを入手して見まくってます。
「Star Guitar」のPVが大好きです。


これだけ緩いと、明日が履修登録期限ということを忘れそうで怖いですね。
posted by Livingdead at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月05日

先生方の優しさは五臓六腑に染み渡るで

朝起きて、大学のサイトをチェックするとでかいフォント+赤文字で
「夏学期成績配布中」ですよ。
起き抜けに心臓に悪いことこの上ないです。
木曜日なんていう噂もありましたが早かったですね。


にぎわう建物を抜けて窓口へと急ぎます。「○○の授業がねー」「やっぱ厳しいなぁ」
とか言いつつなぜにそんな楽しそうですか、皆さん。

緊張しつつ成績表をもらい、ざっと見ていきなり「F」が目に入りますが、
昨年度のもので一安心。最後まで見ていくと・・・
おぉ、今回は無傷で通過です!13コマ26単位、全て取得に成功!
昨年1年間で32単位だったことを考えるといかにハイペースかがわかりますね。

もっとも評価自体はベイクルーズ系列?って言う感じですが。
些細なことです、そんなことは。
手ごたえと実際の評価には多少落差があるかな、という気もしますね。
そのへんは先生の調整の仕方や平常点の考慮などが影響してるのかな、とも
思われます。そもそも手応え自体が当てになりませんか。

試験のない科目、試験時期が違う科目とをうまく組み合わせられたことが
うまく働いたのでしょう。ゼミを入れていればまた(評価の点でも)違って
いたとは思われますが。
ゼミは少人数のため、Aの確率が高いので成績確保の手段としても使われるとか何とか。


ともあれ、これで卒業に必要な残り単位数は6。そしてその全てが必修科目
なのでこれで必要十分です。この3つを取るかどうかだけなので保険をかける、
というようなことをしなくていいのは大きいです。
これで新司法試験の勉強にも力が入りますね。入りますよ。


単位を下さった先生方に、ありがとう
成績発表を早くしてくれた大学院係の方に、ありがとう。
そして、全ての単位達に、おめでとう。
posted by Livingdead at 01:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月04日

成長なのか、個性なのか

月曜から1限は眠いのです。が、成績発表がまだということもあり、
選択必修の一つでもあるこの科目は朝っぱらから大入りでした。
そりゃとりあえずは出ておきますね。


いきなり3コマも受けたわけですが、その一つには再履修も含まれてます。
のうのうとblog何ぞやりながら再履修してる人間も珍しかろうとは思いますが、
そんな報告もあっていいでしょう。明日はわが身ですよ!、とか脅してみたり。


私の再履修科目はメイン教材は共通ながら先生が変わってます。
現2年生のクラスに混じってるだけです。ちなみに昨年度の先生は本年度は
担当してません。正直ほっとしたとか思ってません。

同じ教材で同じ事件、内容を取り扱っていても、人が変わるとこうも違う
ものですかね。予習もかねて昨年度のノートを見返してみたのですが、
わけわかりません。びっくりするほどまとまってません。
これは私の理解が相当ひどいというのにも大きな原因があるわけですが。
相性というのも多分にある気もします。

そして今回。2回目、ということを差し引いても(もっとも、落としてる時点で
2回目であるアドバンテージはないと思いますが)、明らかにノートの
充実度が違いますね。

まとまりもそうですが、情報量があからさまに増えてます。
そのかわり聞かれることの範囲が広いのは大変だったりもしますが。
ろくにわかってなかったこの科目を勉強しなおすいい機会です。


周囲の「誰だアイツは」的な空気は気づかない振りをして半年間がんばります。
急いで出て行くのは次の授業があるからであって!
posted by Livingdead at 03:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月01日

願わくは最後のカテゴリに

ちょっと島流しにあってまして、放置してました。
島(の宿)にネット環境がなく、当然ウィルコムの電波など望むべくもなく。
帰ってきてとりあえずは京セラか三洋か悩む日々・・・

10月ということでカテゴリを追加、これで最後にしたいものです。


月曜から授業開始ということで、例によって教材をそろえてるのですが、
これまた生協に在庫がありません。毎度のことながら、再入荷が授業開始後
というのはどうにかなりませんかね。ギリギリで買う方も悪いんでしょうが。
さらに買い忘れたので後であらためて買った別の教材は割引がきかないという罠。

やけになって各書店を巡り、3件目にてようやく入手したもののページ破れてました。
まぁ上のほうが少しなんで気にしなければすむ話です。
早く買えばいいんでしょうけど、指定してあっても使わなかったりすることが
あったりしますからね。

とはいえ、教科書代なんてものは先生方などに言わせればケチるもんでもない
のでしょうけど、とるかどうかわからない授業のために数千から1万ものお金は
なかなか出せないのですよ。

せめて初回のだけ出てみて決めようと思うと、「教材がないとはどういうことだ」
とお叱りを受ける始末だったり、そうじゃなくても履修登録に間に合わなかったり。
このへんはどうにか解消できないものでしょうかね。
貴重な時間・講義日を学生のためだけに割くというのも難しい話だとは思いますが。


そういえば昨年受けたある必修科目では、いくつかある科目のうちで
一つ選ぶ+抽選なのですが、今年の2年生を対象にガイダンスがある(あった)そうです。
やっぱり1年間やると違うもんですねぇ。

それに未修の方々も混じってるというのもあるかもしれませんね。
私たちは1年目の上に既習だけということで、いろいろとあれなことになって
いたりします。授業の内容も同じ科目でもけっこう違うらしいですよ。
posted by Livingdead at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。