2005年10月25日

無料セミナー開催(会員様限定)

現在の日本は、明治初期、第二次大戦終戦直後に次ぐ、第三の立法の波が
押し寄せている時期なのです。
と、先日の授業の受け売りで知ったかぶってみます。

実際にも六法のうち、ここ10年で大きな改正を受けていないのは憲法ぐらい
のものですしね。
なかでも、法科大学院の現3年生が最も気になるのはやはり商法(会社法)でしょう。
施行の有無を問わず、新司法試験での出題は新会社法を前提として出されるそうですから。

一応、「新しい会社法と従来の商法第2編「会社」との間で実質的な改正があった
部分については,基本的なもの以外は出題されないこととされています」
なんてことが言われていますが、法科大学院や新司法試験のドタバタからしても
どこまで信用できるかわかったもんじゃありません。


そして、この冬学期、われわれの学校ではいわゆる商法の授業は開講されていません。
わずかにゼミがいくつかあるくらいです。
つまり、新会社法については学校で勉強する機会はないということですね。

おそらくこれまでなら、今までの蓄積でどうにかしろ、大学院まで来て教えて
もらおうなどと言うな、なんてことが言われたことでしょう。


しかし。そのような人柱現3年生を哀れに思ったのか、なんと学校側が
新会社法についての3年生限定のセミナーを開いてくれるというのです。
しかも無料!まぁ、高い学費を払ってるのですからこれ以上取られたらかなわん
といえばそうなんですけど。

それも、何人もの先生が会社法の各分野についてオムニバス方式で行うとのこと。
この学校は商法の先生が多いのでできる試みですね。
時間も120分×6コマ+100分×1コマと充実の時間数。1日2コマもあったりするのは
ご愛嬌。さすがに普段の授業のような負担はないでしょうし。


このセミナーは素直にありがたいです。やはり単に本を読んだりするより、
解説を受けつつ勉強したほうが効率いいですから。
と、再履修科目を受けてる人間が説得力豊かに語ってます。
いやほんと。理解の深度が違いますってば。
posted by Livingdead at 19:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。