2005年11月28日

新しい司法試験の登場です。

法科大学院が巻き起こした革命は、さらなる進化のはじまりでした。
双方向、新教材、新校舎。そしていよいよ、4日間も楽しめる司法試験の誕生です。
その使命は、試験と予備校の関係を一新すること。
いっそう長く過酷になった司法試験は、短答と論文の2つの試験。
価格は28,000円。頭だけでなく、体にも厳しい司法試験が今ここに。

参考URL

大丈夫ですかね、この文章。いろいろと。


ご存知の方も多いと思いますが、法務省より新司法試験の概要が発表されました。
そして発表されたそばからもう願書は配布中ですか。
法務省もAppleの「Today!」戦略を採用したようです。その辺から上の文章は
思いついたんですけどね。

詳細については法務省のサイトにてご確認ください。


ざっと見て気になったところを。

すでに書いてますが、受験料が28000円。エクスペンシヴ!
現行試験は確か11500円だったと思うので、約2.5倍ですか。
確かに受験者数が大幅に減りますから、その分上乗せしないとやって
いけないんでしょう。試験委員の先生方の人数も少ないようですし。

とはいえ、論文受験者よりは少ないですし、さらに択一である程度
落とすわけですから、そのへんはなんとも言えないところですか。

この先受験者が増えていくとどうなるかわかりませんが、さすがに、
今年は受験料高いからスルーしようか、というわけにもいきませんがね。

ちなみによく引き合いに出される公認会計士と医師国家試験は

・公認会計士試験(平成17年度)
受験者数 15,322人  受験料 1次:7,300円+2次:9,000円
               (3次:15,300円 2次合格実務補習後に受験)
・医師国家試験(第99回 平成16年度?)
受験者数 8,495人   受験料 15,300円

となってます。うーむ、やはり高いような。
国家試験でここまでの金額は少ないように思われます。
いわゆるIT系の民間団体による資格試験は高額のようですが。


日程・時間割の見直しがありました。
最も大きなのは、民事系科目が6時間一本勝負→2時間&4時間の二本勝負
となったところでしょうね。
さすがに、飯も食わずにとにかく6時間やれ、というのは正気の沙汰ではない
ということに気づかれたようです。ロングフライト症候群になりますよ。

プレテストの民事系科目では、中で科目別に問題が分かれている感じが
強かったそうなので、むべなるかなという気もします。
プレテストの問題はちゃんと見てませんが、これについてはまたそのうちどこかで。

4日連続、といいつつも、2日目の後が日曜なので1日空きますね。
これはたいへんけっこうなことです。なかなか持ちませんよ。4日連続は。


ちなみにうちの学校では、まだ特にアナウンスはありません。
近いうちに願書を配るのではないでしょうか。いくら試験対策はしないっても
それくらいはなんとかなってほしいところではあります。
posted by Livingdead at 02:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

リーガルサスペンス似非マニア

最終年度ということで、必修科目に「法曹倫理」があります。
法曹(主に弁護士)として注意することなどを学ぶのです。
そんな授業があるのに、試験に受かることは保障しない!、と言われるのも
なんですが、それはそれとして。


その授業の中で、題材としていくつか映画が取り上げられました。
「エリン・ブロコビッチ」
「シビル・アクション」
「ザ・ファーム」
「評決」
の4つが使われました。

「エリン・ブロコビッチ」は弁護士が主役なのではないですが、それに近い
所にいる人の活躍を描いたものですね。「ザ・ファーム」はジョン・グリシャムの
代表作ですから、ご存知の方も多いでしょう。

私はかつて、主に米国の法廷モノ小説が大好きでして。
グリシャムの「評決のとき」を高校のときに読んで印象深かった記憶があります。
この手のものが好きでこの道に入ったというのもあるかもしれません。


そういうわけでこの4つはいずれも映画鑑賞済み+原作(翻訳ですが)も読んでたりします。
「評決」はやや古いですが有名な作品です。原作は3作ほど続編が出ていたと
思いますが、あんまり印象がないですね。

この中では「シビル・アクション」の原作の存在感が際立ちます。
わりに淡々とした記述なんですが、かえってノンフィクションということとあいまって
重みのある展開になっています。
文庫(新潮文庫)ですし、古本屋でもよく見かけるのでぜひ。引き込まれますよ。

同じノンフィクション+映画化といえば「運命の逆転」がありますね。
こちらは刑事事件が題材ということもあって、よりスリリングな展開になって
います。ロースクールの学生も兵隊として活躍してます。
著者が有名な刑事弁護士兼ロースクールの教授です。
ただ、こちらの原作は絶版で手に入りにくいかもしれません。
映画もよく出来ているのでそちらで見るといいかもです。


そういえば「罪の段階」で有名なリチャード・ノース・パタースンの作品は
映画化されていませんね。続編の「子供の眼」「最後の審判」もよいです。
ちょっと重たいですが。


重たさ、暗さといえばスコット・トゥローでしょうか。
「推定無罪」が有名ですが、あの雰囲気のまま、より静か・重い世界が
展開されます。意外と好みは分かれるような気もします。
なんか読むのに時間がかかるんですよね。

サスペンスというよりも人間ドラマに近いかも。でも話自体が面白いので
すごいもんです。
「ハーヴァード・ロースクール」については以前書きましたっけか。


これらの本・映画で日本と米国という国の違いはありますが、法曹についての
イメージが多少なりともつかめるかもしれません。
日本でもこういうものでより身近な存在になるといいんですけどね。

そういったものを自分で書ければ最高なんですけど、
クリエイティブな才能は皆無なので無理そうです・・・
posted by Livingdead at 02:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

読者還元企画

mixiをものすごい勢いで放置してます。半年で1回ぐらいしかログインしてません。
こちらのblogですらこのような更新状況ですから、ネタがないというのも
一つの要因ですけど、誰がいつ訪問したかがわかる「足あと」や
自分の最終ログイン時間がわかるというシステムが合わなくてですね。

一応閉じられた世界ですから、それはそれでいいんでしょうけど、どうにも
見られてる感が強く・・・ネットでくらい自由にさせてくれよというか。

そう考えると、よくもまぁこのblogもこんなに続いてるものだと思います。
書きっぱなしでいいところですかね。基本的にめんどくさがりですから。


さて。mixiのことはいいとして。同じ招待制サービスとして
Gmailというものがあります。くわしくはこちらのサイトでどうぞ。
要するにGoogleがやってる大容量のWebメールです。

既存ユーザーから招待されることで使えるようになるサービスです。
そして先日、これのアカウントを取得することが出来ましたので、普段読んで
頂いてる皆様への感謝ということで、招待状でも配布しようかと考えたわけです。

2.5GBと大容量なんでストレージ代わりとしても使えますし、メールのバックアップ
場所としても(私はこれで使ってます)。
また、このアカウントがあればGoogle Analyticsも使えるそうですよ。

右サイドバーの存在価値のほとんどないメールフォームから
その旨のメールを送ってくださいませ。フリーアドレスでもいいです。
上限20アカウント程度を予定してます。まぁ余るでしょうけど。


とか言っといてなんですが、ついでに質問や、聞いてみたいこととかもあれば
書いておいてくれると助かります。
そうです、最初の方に書いたことは振りです。ネタくださいってことです。
読者(から)還元(してもらおう)企画が正解です。

もちろん、blogのネタにはされたくはないけど、聞いてみたいことでもかまいません。
それは個別にお答えしますので。


正直、2年目の後半で週4コマじゃ目新しいことは少ないのです!
posted by Livingdead at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

報酬は、

ユタ州。
・・・このネタもずいぶん前のことになりますね・・・


噂というか伝聞というか、そんな程度の情報なんですが、
大手事務所の給与ってやはりすごいらしいですよ。
田園調布に家が建つ、とまで言いませんが。
詳しいことは知りませんし、知っててもさすがに書けませんよ。

ニュースになったりもするような華やかな舞台で活躍して、
立派な事務所(というかそれ自体企業ですが)に勤務して、この報酬、と。
なるほど、多くの人が目指すのも納得です。


「出世とかしそうにない」
「見える・・・小さい事務所であくせくしてる姿が見えるっ・・・!」
などと友人に言われたことのある自分はとても無理ですけども。

まぁ、そもそもが一般的な企業勤めよりもおもしろいかも、って言う
動機もあって進んだ道なので、でかいところというのもなんだか
違和感があるんですね。

かといってどうしたいか、という明確なイメージもつかみきれてませんが。
ざっと各地の弁護士会での求人を見てみると、やはり都会に集中しますねぇ・・・


あと、私の周囲に限った話かもしれませんが、検察官・裁判官志望の人は
あまりみかけませんね。修習中にスカウトされて、というパターンも多いと
聞きますし、そういうものなんでしょうか。
posted by Livingdead at 03:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月12日

いいぞ ベイベー!具体例だ!

単位の有無を気にするのはロー生だ!
成績の良し悪しを気にするのはよく訓練されたロー生だ!
ホント ロースクールは地獄だぜ! フゥハハハーハァー


成績の制度について書いたところで、ついでに実際にどんな感じで評価が
行われているかの具体例を紹介してみます。
あいにく試験講評会には出たことがありませんが、うまいことに講評が
紙で配られたものがあるので、それをちょいと使います。


科目は私が今回最も出来が悪いと思ったものです。
問題数は3問。それぞれの問題についてけっこう詳細に採点基準が
示されています。あることに触れていれば10点、という感じですね。
加算方式でつけられたようです。
平常点はこの授業ではありませんでした。試験のみの評価ですね。

これを見て衝撃だったのが、第3問について。
ちょっと変わった問題であった上に、私も含めておそらく時間の足りない人も
多かったのでしょう、なんと受験者の半数強が0点だったそうです。
配点20点の問題が0点ですよ。

確かに何を書けばいいかよくわからない問題でしたねぇ。これのおかげで
単位を落としたことを覚悟しましたから。


この影響で採点にも手心が加えられました。
点数でそのまま成績をつけると、本来60点以上で合格のところが
ほとんど全員Fということになってしまうため、A+から順番に傾斜下駄を
はかせたそうです。

例えばAに該当する人には、80点以上になるように上から30%までの人に
点数をプラスするということです。


ちなみに素で59点以下の人は一律20点プラスだったそうです。
これで助かりました。間違いなく。

しかし驚きの結果ですね。まぁ確かに実際満点近い点を取った人もいた
そうなので、出来ない方が悪いといわれればそうなんですが、
サッカーやってるから中村俊輔みたいなプレーが出来るはず、みたいな
気もしないでもなかったり。


成績の割合はだいたいA・A+30%、B30%、C20%、F20%だったそうです。
2割くらいは落とされるんですね・・・

もっとも、あくまでこれはある一つの例ですので、他の科目が実際どう
なってるかはわかりません。参考程度に見てくださいませ。
posted by Livingdead at 02:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月10日

かしこいは 正義!

ずっと書こうと思っていて忘れていた成績について書いてみます。

まず、既習コースであれば63単位、未修コースであれば93単位を取得することが
卒業要件になります。2単位と4単位の科目がありますので科目数としては
各単位の半分よりやや少ないぐらいの感じになりますかね。

そして成績区分は5段階です。
上から順にA+ A B C Fとなってまして、Fが不合格、C以上が合格です。
自分としてはA+などというものは想像上の生き物みたいなものですが。

これらの割合は一応自由ですが、A+については受講者の5%、AとA+を合わせた
数は受講者の30%が目安とされてるそうです。なので少ない人数の科目で
A+を取った日には他の受講者を見下ろしてもいい感じですね。
ただ、一定数以下の受講者しかいない場合はこの目安は適用範囲外です。
Fに制限がないのはまことに恐ろしいですね。

ちなみにゼミであってもこの5段階方式の評価は導入されています。
また模擬裁判などグループ単位で行う授業では、合格か不合格だけがつけられ、
成績区分はありません。


以前書いたように、ここの学校では学年ごとの順位が知らされます。
いい成績を取るモチベーションアップというところでしょうか。

この手の仕組みでもう一つ、成績優秀者の表彰があります。
表彰されるのは未修1年次の成績と修了時の成績です。私ども既習に関しては
修了時の表彰のみですね。なんでか知りませんが。

表彰される条件は以下の通りです。

未修1年次
「1年次成績特別優秀者(With high honors in the first year)」
・2年に進級した上で、A+およびAが3分の2以上、かつ、A+が2科目以上
「1年次成績優秀者(With honors in the first year)」
・2年に進級した上で、A+およびAが2分の1以上、かつ、A+が1科目以上

修了時
「成績特別優秀者(Magna cum laude)」
・修了した上で、A+およびAが3分の2以上、かつ、A+が8単位以上
「成績優秀者(Cum laude)」
・修了した上で、A+およびAが2分の1以上、かつ、A+が6単位以上


こんな感じです。副賞があるかどうかはわかりませんが、成績証明書に
表彰されたことは明記されるそうなので、証明書を出すときには何かと
イバリがきくのではないでしょうか。就職とか。わかりませんけど。
住所を聞かれて「東京都中央区〜」と答える程度には威張れます。たぶん。

みなさんよい成績目指してがんばってください。
私は成績があるだけで満足ですから。
posted by Livingdead at 02:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

ローレビュー本格始動

前にお伝えしたローレビューが本格的に動き出したようです。

内容はすでに書いたように、学生による編集が中心で、掲載される論文等も
もちろん学生の手によるものが基本です。先生方のものが載ることもあるようですが。
掲載対象は論文からレポート、判例評釈となんでもありだそうです。

一応、後見的役割として先生方も関与されるそうです。助言・監督のほか、
質の確保のために掲載するには先生の同意がいるそうです。
あくまでも生徒の自主性を尊重することにはなってますけどね。
今年度に関しては暫定的なもの、となってますが、大枠は変わらないと思います。

生徒(一般人)による投稿→有志がまとめてWebで公開→将来的に紙媒体へ。
・・・電車男?ドラマ化、映画化されたらカンペキですが。


すでに編集委員は選定されてます。成績優秀な有志に委嘱されたそうで。
これをやったというのは後々名誉になることでしょう。

私がこれに無関係なことはご承知の上でしょうが、せっかくなので
私の考えた編集のアイディアを大公開。Web刊行という前提で。

・フォントいじりが激しい
・表紙がいたる絵
・執筆者によるPodcasting配信
・参考文献が全部アマゾンアフィリエイトへのリンクになってる
・はてなキーワードに対応
・投稿がみんなソーカルみたいなものばかり
・希望者には5インチFDで配布
・アップ先のサイトがデイリーポータルZ
(金曜ならギリギリありですかね)


こんなローレビューはいやだ、になってますね。
どう見ても暇人です。
本当にありがとうございました。
posted by Livingdead at 23:22| Comment(3) | TrackBack(1) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

天皇杯4回戦 横浜F・マリノスVSベガルタ仙台

天皇杯といえば、
横浜F・マリノス 2-2(PK4-1) 市立船橋
横浜F・マリノス 1-2 ザスパ草津
をはじめ、東京ガスにブランメル仙台とステキな思い出が甦りますが、
今回はこちらがベストメンバー、ベガルタがサブ中心というこれまでとは逆の状況。
余計に不安が高まります。

開始1時間前に着きましたが、ホーム側自由席は立ち見まででてます。
結局立ったままの観戦になりました。負けてたら疲れ倍増でしたでしょう。

で、内容等はJ'Goalオフィシャルが詳しいです。
よって、目に付いたところをいくつか。


注目の久保は、動きがいつも以上に緩慢なところはありましたが、1点目のヘッドを
はじめとした規格外の身体能力、チャンスと見るや猛然とゴール方向へダッシュ、
さらにラインとの駆け引きに動きなおしと、格の違いが出てましたね。

久保がいないと、クロスに対してファーで待つだけの状況が多かったので、
これは大きな改善です。大島は割りといいところに入ってきていましたが
いかんせん出番がないですし(今日も出場なし)。

ただ練習中はほとんど右足のみしか使ってなかったのは気になりますけど。
それでも右足でかなりの威力のボールを蹴ってましたが。
やはりお金を出してみる価値が十分にある選手です。


もう一人個人的に見てたのがマグロン。後姿は久保とそっくり。
オーバーヘッドをやりましたが、一瞬久保がやったのかと。
直後に久保も真似したのか、オーバーヘッドに挑戦してました。

トップ下での出場でしたが、キープ力と視野の広さはさすがというところが
あるものの、球離れが遅くボールを奪われてしまうことも度々。
あれだとボランチでは使いづらいかもしれません。あとちょっと運動量も少ないかな。

といっても、3点目が入ってからぐらいは積極的に前線へ出てきてましたし、
04年の上野のように進化してくれればものすごい戦力になると信じてます。
練習見てるだけでも何気ないトラップ、キックで技術の高さは窺えますから。
上がってきて目の前で競り合った相手選手を突き倒したのはご愛嬌。
客席も「そらファールだわ」と苦笑い。


あとは最後のほう、隼磨と中西の右サイドが面白いように駆け上がって元気だった、
試合前練習で中澤がシュート決めてえらい楽しそうだった、
那須が出てくると中盤で体はれるのはやはりよい、
その那須は試合後のランニングで派手に?観客に挨拶して大喝采、
キャプテンマークつけた松田は上がるとすぐわかるので便利、
榎本達がだいぶ安定してきた(除キック 元からあれですけど)、
仙台の応援ソングはやはり中毒性がある、
(以前「かったのっさかっ!(片野坂!)」)というコールと踊りがしばらく
頭に焼きついたことがあります)、
三ツ沢は選手近くていい+昼の三ツ沢は初めて、

といったところです。いい休日でした。
posted by Livingdead at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月02日

領土紛争激化中

10万hitありがとうございます!

嘘です。トータル何hitかは把握してません。


自習室の混み様が解消されません。一般的な大学のイメージだと
新学期が始まって一ヶ月もすれば人が減るものなのですが。
そういえば法科大学院が出来た影響か、学部の出席率も上がってるという噂ですよ。


自習室での3人掛けも珍しくなくなってきました。
でも自分から真ん中に座るのは気まずすぎて出来ません。

そうなると席取り戦争も激しいです。早い時間に来て確保する、というのは
もちろんですが、一度取った席を容易に手放してしまうのは惜しいものです。

となると、席を離れるときも荷物は置いたままということになります。
資料を取りに行く、用を足す、ちょっとご飯を、というぐらいは普通ですが、
授業に行くときも荷物を置いたままという方法もあるみたいです。なるほど。
その時間では使わない教科書などでしょうね。
空き時間に居場所を失うのは確かにきついですからねぇ。

さすがに置きっぱなしでも盗難事件などはおきてません。まだ。
ただ、PCはちょっと怖いです。取られなくても中身見られたりとか。
資料探してる間に、画面を鬼のように見られてたこともある身としては。
触られてはいませんが。ロックしておけということですね。


10台しかないPCルームも競争が激しいです。
ここもそのうち荷物を置いての席取り戦争が始まらなければいいですが。

先日も、PCルームが混んでて使えず、大学全体の図書館のPCルームへ行くと、
空いてると思った5台ほどのPC全てがログイン後に操作ロックされてる有様。
皆さんすごいです。

資料の競争も激しく、なかなか自習室の資料が戻らないので、
別の図書館まで行ってやっと探し当てたら、該当箇所が半ページのみ、
という罠に引っかかりました。それわざわざ指定しなくても・・・


第二自習室にはあまり行かないので様子がわかりません。
むしろ学校にあまり行ってないので様子がわかりません。
posted by Livingdead at 03:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。