2005年11月12日

いいぞ ベイベー!具体例だ!

単位の有無を気にするのはロー生だ!
成績の良し悪しを気にするのはよく訓練されたロー生だ!
ホント ロースクールは地獄だぜ! フゥハハハーハァー


成績の制度について書いたところで、ついでに実際にどんな感じで評価が
行われているかの具体例を紹介してみます。
あいにく試験講評会には出たことがありませんが、うまいことに講評が
紙で配られたものがあるので、それをちょいと使います。


科目は私が今回最も出来が悪いと思ったものです。
問題数は3問。それぞれの問題についてけっこう詳細に採点基準が
示されています。あることに触れていれば10点、という感じですね。
加算方式でつけられたようです。
平常点はこの授業ではありませんでした。試験のみの評価ですね。

これを見て衝撃だったのが、第3問について。
ちょっと変わった問題であった上に、私も含めておそらく時間の足りない人も
多かったのでしょう、なんと受験者の半数強が0点だったそうです。
配点20点の問題が0点ですよ。

確かに何を書けばいいかよくわからない問題でしたねぇ。これのおかげで
単位を落としたことを覚悟しましたから。


この影響で採点にも手心が加えられました。
点数でそのまま成績をつけると、本来60点以上で合格のところが
ほとんど全員Fということになってしまうため、A+から順番に傾斜下駄を
はかせたそうです。

例えばAに該当する人には、80点以上になるように上から30%までの人に
点数をプラスするということです。


ちなみに素で59点以下の人は一律20点プラスだったそうです。
これで助かりました。間違いなく。

しかし驚きの結果ですね。まぁ確かに実際満点近い点を取った人もいた
そうなので、出来ない方が悪いといわれればそうなんですが、
サッカーやってるから中村俊輔みたいなプレーが出来るはず、みたいな
気もしないでもなかったり。


成績の割合はだいたいA・A+30%、B30%、C20%、F20%だったそうです。
2割くらいは落とされるんですね・・・

もっとも、あくまでこれはある一つの例ですので、他の科目が実際どう
なってるかはわかりません。参考程度に見てくださいませ。
posted by Livingdead at 02:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。