2006年02月20日

学期末試験3番勝負 Round3

科目:行政法(必修)
単位:2
時間:120分
出来:4.5(標準:6)
寸評:もう1週間たつのでいい加減書いておきましょう、と。
   はいはい、再履修ですよ再履修。

   この科目ですね、今年の授業前に少しでもやっておこうじゃないかと昨年度の
   ノートを見返したんですけどね。まったく意味がわかりませんでした。
   こんなもんを当てにして試験勉強してたらそりゃぁ・・・というか
   普通に授業受けててこれというのもどういうことかと思いますが。

   しかし今年は整理されたノートがあるでありますよ隊長。
   これをしっかりこなせば少なくとも単位は、ね。


   で、問題文登場、予告通り事例問題で事例は一つだけ。それに関しての小問が3つ。
   ケースそのものは予想に反して授業で扱ったものを元に、というパターンではなく、
   ちょっと複雑めなまったく新規な感じです。はい、予想外れた。
   小問は、相談された弁護士でという態でどう主張を組み立てるかというものでした。 

   やはりノートなんぞよりもまっとうに教科書その他を読むべきであるという
   教訓を思い出しましたとさ。

   
   行政法ってですね、他と違って「行政法」ってのがないわけですから
   毎回毎回違う法律が問題になって、どうにも系統だった理解が出来なくてデスね。
   なので、ある事件の際にどういうことが問題になるか、ということが
   もう一つピンと来ないというか。

   で、今回もまたそんな感じでして。
   とにかく事例から考え付く限りの問題点やら主張を並べ立てます。
   おかげで第1問で時間をとりすぎるわ、その第1問もどこまで意味のあることを
   書いたのか激しく激しく不安なわけです。

   これ以上は思い出すとトラウマーなのでおしまいです。
   最後の試験レポートがこんなんかというのも残念でなりませんが、
   今はこれが最後であることを真摯に祈るのみです。

   とはいえ、卒業すれば新司法試験もありますから、
   なやーむまーえにー でーきーる ことーをーしーよーうー、って感じです。
posted by Livingdead at 23:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。