2006年03月01日

外国法の取り扱い

注目された研究者ランキング、日本人が4年ぶりトップ

こんなニュースがありました。
これは理系の論文の話ですが、文系、特に法学の世界だとこういったものは
難しいでしょうね。各国で法律もそのバックボーンも違いますし。
ノーベル賞にも「法学賞」ってありませんから。


とはいっても、元ネタになった外国法があったり比較法として参照したりということも
ままあるわけですが。
とある授業で、先生が裁判のために論文というか意見書を書いたときに、
外国法の話を引用をしつつ書いたら、「それとこれとは別の話だ」みたいな感じで
採用されなかった、と残念がっていました。

学生の側からしても、確かに元になったものを勉強することでわかりやすくなったり
ということはないでもないですし、参考にもなります。

ただ、ですね。
例えば刑法の「行為無価値」という言葉があるように、外国の考え方や言葉を
そのまま持ってくることで、かえってわかりにくくなったりすることも
あるかな、とは思います。
制度が違うにもかかわらず、考え方をまんま導入するとわけがわからないことに
なってまた解釈でどうにか・・・なんて事は避けたいものです。

そういえば別の先生ですが、考え方を外国から導入して作られた法律にもかかわらず
その解釈が元の法律のものと違ってるせいでねじれたことになってると言って
おられました。
私はそのどちらも理解しようとしてCPUが熱暴走を起こして焼きついたわけですが。


あと外国法といえば、これまたとある授業でレポートを書かなければならなくて
ですね、使えそうな資料がないか探していたのです。
そこで出会った一つの本、タイトルがずばりレポートのテーマだったので
これで大丈夫と手にとって見たならば、全編外国法という残念な思い出が。

学生風情のレポートに役に立たなくてもと言われればそれまでですけど、
なにか印象深かったので。
余談的に話を聞く分には面白かったりするんですが、外国法。
posted by Livingdead at 17:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 法科大学院 2年目夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。