2006年03月03日

講評会の罠

いよいよ来週に迫った修了者の発表ですが、発表の詳細が出ました。
法科大学院の掲示板に張り出されるそうです。なんの嫌がらせですか、そりゃ。
留年したかが抜けてる番号でバレバレですけどっ。

「なお、修了予定者が留年することとなった場合は、速やかに大学院係窓口にて
所定の手続きをとること。」のくだりが恐怖感を倍増させます。

ちなみに進級者も同時に発表されます。昨年はそういったものはありませんでしたね。
あって嬉しいものなのかどうかわかりませんけど。


修了に絡んでですが、再履修科目の試験の講評会が本日ありました。
私自身は出ていませんが、出てた人から聞くところによると
書くべき論点があれやこれやの大盛りだったそうで。

確かに考えながら多いなとは思いましたが、それをはるかに上回る量でしたね。
書いてないものがざくざくと。
あまりに広くて別の問題と論点被ってますよ、と言うのもありましたが、
それはそれでどちらかで書けばよかったそうです。えー。

さらには、それ授業でろくに扱ってないんじゃ、というのまで出てきました。
基本的に扱ったユニットからってのはなにー?所詮は原則ということで。
これについてはまた書くかもですが、授業でやったことの復習というものが
いかに非効率的なものかをあらためて思い知らされました。

先生いわく、難しくはないが歯ごたえのある問題だとのこと。
難しくないってそれもしかして先生視点でみたんじゃ(略
そして不可も少数ながら出したということで、もう欝波動やらタナトスやらが
絶賛増量中な状況なのであってかなりダウナーであって無気力化。

ああ、もう認めてやる。私は行政法が嫌いだ・・・嫌いだ!
posted by Livingdead at 19:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。