2005年12月19日

消費されるアキバ

サブカルっぽいタイトル。

所用があって日曜だというのに秋葉原に行ってきました。
新宿、渋谷もかくやというほどの人の多さで参りますね。

駅から出れば、
完全にインフレ状態のメイドさんやら、
ものすごい勢いで絵葉書を配る女性やら、
それに負けず劣らずのTEPCOひかりの人とかでもうえらいことに。
どこぞの放送局だかのカメラクルーも混じってましたね。

で。

信号待ちをしている人たちに、業界人っぽい人が必死にビラを配ってました。
ちょっと眼をやると、人ごみをかき分けてものすごい勢いでこちらに寄ってきて
ビラを渡されました。それがこれ。

akiba1.jpg


ほぅ、フィギュア王選手権ですか。
あの喧騒の中で、必死にこのビラを渡されるというのも感慨深いものです。

というか、つい先日もこの手の企画をTVチャンピオンでしてた気もしますね。
土曜も別の番組で特集をやってたそうです。


ビラについては、
「アキバ系一般審査員」の「アキバ系」に何かあざとさを感じます。
そして、加藤夏希・大沢あかね、両名とも存じ上げておりません。残念。
会いたいかー、といわれましても。
個人的には、誰が好き好んで全国放送でつるし上げられるものか、と。
そもそも収録が近いのに30人が集まらないあたりに現実が見えます。

なにかもう場の空気とかが想像できてなんともいえない気分になってきます。
賞味期限のうちに消費し尽くしてしまおうという必死さが垣間見えますね。


「変わるアキバ」はあちこちで言及されていますが、
歩きづらいほどの人の数、歩行者天国が新宿みたいに見える、ということに加え、
友人も「メイド喫茶どこ?」「オススメは?」「案内してくれ」などという
不躾極まりない声のかけられ方をしたそうです。

普通に道を聞くのでももう少しマナーってものがあるでしょう。
例えば、京都に行って、歩いてる人に「オススメの寺どこ?」「案内しろ」とは
言わないでしょう?
話には聞いてましたが、ホントにあるとは。

曲がりなりにも「電気街」というところに来るのなら、ネットで調べてから
来ればいいのに、と思うのですがね。
それでもわからないからと、普通に道を聞かれればなんて事のない出来事なのに。
あちこちで道を聞かれることは多いもので。


多くの人がやってくることの是非はともかく、人が増えればいろんなことが起こって
しまうのだなぁ、と改めて実感した日曜日でした。
良くも悪くも特殊な待ちなんでしょうね、あそこは。
posted by Livingdead at 04:48| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 今日秋葉いってきました。
 さすがにウイークデーのためか,そんなに混んでませんでした。UNIX系の専門店が今月末で閉店というので,久しぶりに行ってみると,すべての階がパーツ専門店だったのに,既にメイド系の店が出来ていました。UNIX専門店も,閉店後は,メイド系になるのかしら。腹立たしいことこの上ないです。ちなみに,上記店は閉店セールですが,破壊的値段ではありませんでした。
 年末近くの投げ売りをねらってもう一度行ってみたいものです。
Posted by emon at 2005年12月21日 17:24
平日昼間はさすが静かですね。
それでも人が多い気はしますけど。

あの変わったキーボードとか置いていた店ですね。あいにく
UNIX関係はまったく縁がないのですが、
面白いものがあると時々行ってました。残念ですね。
通販は継続するようですけど。

メイド系をすべて否定する気はないですけど、
あそこまで多いとちょっとどうかとは思いますねぇ・・・
あんなに乱立して成り立つものでしょうか。
Posted by Livingdead at 2005年12月22日 01:45
 例のUNIX専門店は,閉店セールで,キーボード少し安くなっていましたが,PFUの Happy Hacking professinal 1万8000円強,Happy Hacking lite は,少し安くて,3900円強でした。
プロフェッショナル欲しいけど,やはり高いですね。ぼくらの子供の頃の舶来品パーカー万年筆のようです。
 それにしても,例のUNIX店のトレードマークのおじさんはどうしたのでしょうかね。
Posted by emon at 2005年12月23日 15:06
Happy Hacking liteはちょっといいですね。
大学ではMacが多く採用されていて時々触りますが、
なかなかいいものですね。

プロはさすがのお値段ですね・・・
確かに高級文房具とつながるところがある気がします。

実のところ万年筆で答案を書いたりしたいのですが、
ペンの持ち方が悪くなかなか・・・

おじさんは現場からは引退したんでしょうかね・・・?
詳しいことは知らないのですが。
Posted by Livingdead at 2005年12月24日 08:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。