2006年01月01日

年末年始営業のお知らせ

新年明けましておめでとうございます。
年の最初くらいまともな情報提供です。

勉強するぞ勉強するぞ、という雰囲気(一部除く)の法科大学院ですが、
年末年始の営業は意外と休みます。

自習室は第1第2ともに12月31日〜1月3日までお休みだそうです。
高校のときでも2日ぐらいから開いてたような気もしますが。
というか、今日日都会の小学生ともなると正月から塾通いとかも聞きますし。

ちなみに授業の再開は1月11日なのですが、10日までは教室はすべて閉鎖されます。
それはいいんですが、「節約等のため」とはっきり言ってしまうあたりが
そこはかとなくなんともいえません。
決算報告書だかを見ると結構な黒字っぽいんですが。この大学。

校舎のネーミングライツでも売ってはどうでしょうかね。
NISSANスタジアムとかみたいに。
大学でも校舎んどに多額の寄付をした人の名前つきますし。ねぇ?


ちょっと観世音寺に行ってきます。
太宰府天満宮は人多すぎで無理っぽいです。
posted by Livingdead at 00:07| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そうですか。九州ですか。うらやましいなあ。小生,長州の産なるも,今年の正月は,諸般の事情から帰省がかなわなくなりました。
 観世音寺は,もういかれましたか。福岡修習のときの1度と,任官後,小倉勤務時代の一度の計2度,観世音寺に参拝しました。
 ものすごくいいとこですよね。
 道真公の七言律詩の文句,「観音寺只聴鐘声」(観世音寺はただ鐘声を聴くのみ)の観世音寺ですから,歴史の重みが違いますよね。
Posted by emon at 2006年01月02日 20:35
はい、九州なのです。
冬の福岡は魚がうまくて大変よいですね。
生まれ育ったのは大分なのですけど。
emonさんもこちらの方にご縁がおありだったとは。

無事に年初の参拝を済ませてきました。

観世音寺に行かれたことがあったのですね。
天満宮に比べると地味ですが、確かに静かでよいところです。
あの鐘は道真公の詩にもあったのですね。

重文の大きな仏像が体育館のような宝物殿に置かれてあるのには驚きました。
さらっとあのような立派なものがあるあたりに歴史を感じます。
Posted by Livingdead at 2006年01月04日 01:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11216422

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。