2006年02月01日

学期末試験3番勝負 Round1

科目:基礎法(必修)
単位:2
時間:100分
出来:5.5(標準:6)
寸評:最後の学期末試験、その1。
   実はまだ試験期間ではなく、補講期間なので試験時間が通常の2時間ではなく、
   授業と同様に100分なのです。

   このかもくは3年生で必修の基礎法科目。中身としては医療関係の話が
   中心だったりして法律っぽくはないです。
   同一科目内で選択となっておりまして、ジェンダーだったり哲学っぽかったり
   する科目もあります。


   この授業内では先生がすでに「正解があるものでもない」なんてことを
   仰ってましたので、わりと気楽な感じで受けました。

   問題は2問。
   第1問はなんと授業で扱ったケースとほぼそのまま。これはちょっと不意を
   つかれましたね。書きやすくてよかったですけど。
   第2問は、「利益相反」という状況の具体例を考えて解決せぇ、という問題。
   授業中でも多く扱ったので、そこからひっぱって来て毒にも薬にもならない
   解決方法を示したところでタイムオーバー。

   読んできたことを余すことなく吐き出しつくしたので、解答用紙の裏表の
   ほぼ全面を使い切る快挙でした。
   もっとも、字がでかい上に、文章の流れとしてまとまってないので
   どうにも散漫な印象はぬぐえませんけど。


   落とされるほどひどいことは書いてないつもりなので、次に向かって
   がんばります。
   
   次回、Round2「倫理倫理で夜も寝られず」は2月9日の放送実施になります。
posted by Livingdead at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12597587

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。