2006年03月29日

映画と法曹倫理

すぅっっかり忘れてましたが、2005年11月24日の記事とコメント
法曹倫理についてちょっと取り上げるといって完全無欠に
放置してました。

年度末ですしこういう宿題を片付けるのもいいでしょう。

取り上げて映画はこの4つ。
「エリン・ブロコビッチ」
「シビル・アクション」
「ザ・ファーム」
「評決」

「エリン・ブロコビッチ」と「シビル・アクション」は
成功報酬制についての参考ですね。
成功報酬で成功した者と、破滅した者と。

「ザ・ファーム」はタイムチャージ制の例です。
主人公は巨大事務所でバリバリ稼ぐ役ですからね。

「評決」は「レインメイカー」と一緒に取り上げられてました。
いわゆるアンビュランス・チェイサーの問題です。
救急車を追いかけて依頼人捉まえるような品のない行為はどうよ、
ってことです。


これを見てなんとなく伝わるかと思いますが、法曹倫理では
あるべき弁護士像というもの、
弁護士としてやってはいけないこと、
ということを考えていく内容でした。
進行形式は先生の事前の設問に答えていき、随時先生が具体例や
経験談などで脱線補足していくものでした。

メインとなるテキストがあったので基本的にはそれにそっていく感じで。


各学校どころか、私の学校の中でもクラスで先生・内容が異なる
という話を聞きましたし(実際テストも別々でした)、法科大学院の中でも
特に手探りな科目なんでしょうね。


ちなみに友人には倫理観の評価が高い人がけっこうな割合でいました。
posted by Livingdead at 23:59| Comment(2) | TrackBack(2) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わわ、法曹倫理の授業の紹介ありがとうございました。
面白そうですねー。
みたことない映画もあるので、そのうち時間を作って見てみたいと思います。

と、こっちに書いちゃいますが更新終了されるのですね。
あまりコメントを書き込む勇気がなかったのですが(苦笑)、いつも楽しく拝見していました。
(いつかのメダルのプレゼントにも応募しようかと思ったくらいです。w)
これから試験までが一番大変かと思いますが、試験勉強頑張ってください。
学校は全然違いますが、後輩として応援しています^^
って、私もがんばらなですが。
Posted by あね3 at 2006年04月01日 15:13
ずいぶんと放置してしまってすいませんでした。
積み残していたものを解消できてよかったです。
法曹倫理はなかなか興味深いものではありましたね。

「絡みづらいロー生blog No.1」を自負する当方としては、
コメントを書きにくいのはもはや仕様ですからね。
しかしメダルに心動いた人がいたとは驚きです笑。自分でやっておいてなんですが。

あね3さんと試験でかち合わないようにがんばる次第です。
ありがとうございました。
Posted by Livingdead at 2006年04月02日 01:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/15737431

この記事へのトラックバック

エリン・ブロコビッチ
Excerpt: エリン・ブロコビッチの紹介。
Weblog: 1日1分!留学への英語-編集後記-
Tracked: 2006-06-11 13:11

エリン・ブロコビッチ
Excerpt: 2000 アメリカ 洋画 ドラマ監督 : スティーヴン・ソダーバーグ出演 : ジュリア・ロバーツ , ア
Weblog: Yasutaka's GROOVE
Tracked: 2007-05-01 22:08
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。