2005年02月14日

学期末試験7番勝負 Round5

科目:商法(必修・同一科目内選択)
単位:2
時間:2時間
出来:5(標準:6)
寸評:先生は穏やか、でも講義内容はなかなかに高度でありまして正直元々苦手な科目です
   ので書ける気がしなかったこの科目。
   講義中に扱った問題を検討する際、「これよりはもう少し難しくします」なんて
   ことをおっしゃる。教科書読んでもよく分からない問題より難しい問題を、試験で
   解く。かなり困難なことは目に見えてました。

   形式としては大問が3つ。2問は事例問題で、1問は小問が5つありまして語句などの
   説明問題でした。事例ではある立場からの主張を検討、というおなじみのもの。
   事例自体は講義で扱ったものをベースにしてるので、なんとなくわかりそうな・・・
   でも細かいことが思い出せず、ものすごく大雑把なことしか書いてません。
   
   なにぶん講義の総まとめ的な問題ですので論点が多岐に渡っていた、と思うのです。
   そうなのかどうかすらもあやしいですね。
   救いは最後の説明のところは割りと無難に書けたと思うのでそこで何とかこらえてくれ
   れば、という意味での5点です。

   よほどきつかったのか、終わった次の日に別の科目の友人から何が出た?、と
   聞かれ、2問目がまったく思い出せませんでした。別人格が受けていたようです。
posted by Livingdead at 05:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 1年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
商法、おつかれさまでした。
うちのローでも、前期の商法はかなりたいへんでした。ほとんどがCとFという感じでした。
僕も商法が得意ではないので、今、総復習に励んでいます。
とりあえず、大雑把に総復習しているので、弥永先生の本を使っています。
商法は改正がまたあるので、先が思いやられますね。
Posted by brave at 2005年02月14日 16:33
どうもです。ほんと疲れますね。
>ほとんどがCとF
うわぁぁ・・・悪夢ですね。Fは。

商法はほとんど手続が云々でどうにもおもしろさが。
弥永先生や神田先生の手頃な本で何度もやるしかない感じですね。

今年全面改正で、来年施行。私らが受ける予定の
時期にちょうど過渡期ということなんですよね。
どうしたものやらです。
Posted by Livingdead at 2005年02月15日 23:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1934022

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。