2005年02月25日

学期末試験7番勝負 FinalRound

科目:破産法・民事執行保全法(選択必修)
単位:4
時間:2時間
出来:5(標準:6)
寸評:ついにこれで試験シリーズも終了です。といっても、実際に終わってからすでに
   1週間が経過してますが。その間A3とかレポートとかいろいろと!

   だいぶ問題忘れてますね。とりあえず大問が3問。細かさの程度の差こそあれ、
   全てが事例問題といえるものでしたね。
   科目を見てわかる通り、いくつかの法律が絡んでくる科目ですので、それぞれの
   問題で各法律を問題にしてきました。執行法に破産法に、会社更生法

   会社更生法?
   いや、確かに破産法と絡んだ場面で出てはきましたが、最後のほうに流すように
   補講でやったところからすぱっと出されるとは思いもしませんでしたね・・・

   始まってからすぐ、ざっと問題を見たときに凍りつきました。
   あぁ、時が見える・・・っていう感じですか?

   最初のほうはどうにかこうにか条文を引っ張り出して書くものの、ラストの
   更生法はもうひく条文すらわからずにもうダメ。書くことないです。
   おかげで数日後に半分白紙の答案を出す夢を見ました。トラウマですよ。

   講義の中で、以前に先生が作成された過去問を取り上げることもあったので
   それを参考にしていたらまぁ、この外し様。さすが法科大学院。

   まぁ、そんな感じでこの後レポートも控えてるとあって、後味の悪い幕切れと
   なりました。全体の総括なんかもそのうちやろうかなとも思います。できれば。
posted by Livingdead at 02:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 1年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2132080

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。