2005年03月10日

Roll Over ACL

久しぶりに三ツ沢球技場に行きました。
あんまりレビュー書かない方針ですが、こういうマイナー試合でならたまには
いいのではないかと。
AFCアジアチャンピオンズリーグ、第1戦VS山東魯能泰山です。
今年は年末に世界クラブ選手権があるため、正直一番欲しいタイトルですね。

前売りの少なさに不安をおぼえましたが、6333人とまぁまぁの入り。
アウェーゴール裏、メインアウェーよりはほとんど空席でしたね。
雰囲気は悪くない感じだったと思います。
残念ながら開始前の豚汁サービスには間に合いませんでした。

各データ等はオフィシャルなどを参照したほうが確実です。

まず気になったのは上野。何年か前に戻ったかのようなバックパスが目立ちました。
そして、山東のラフタックル。平気で後ろから削ってきます。
これには主審がしっかり対応していたので途中からはだいぶ落ち着きましたが。

展開は相変わらずキープからクロスで崩そうとするけど、あわない、人がいない。
大島のポストは悪くないですが、もっとストライカーに徹して前で張ってても
いいかもしれませんね。やや下がりすぎるところが。加入当初の久保もそうでしたか。

前半は隼磨の動きがちょっとおかしかったですね。どうもかみ合わず、
ボールも足につかない。逆にドゥトラのサイドはかなり攻めていてここから点が
生まれそうな雰囲気はありました。

山東の攻めはシンプルに繋ぐカウンター。A3の深センよりは強いです。
あと選手が非常に大きい。これで問答無用でふっとばしに来るので当たりは強いです。

攻めあぐねてセットプレー一発は土曜日と同じ展開。どうしてこうもセットプレーが
弱点になってしまったのでしょうか。2年前は攻守ともに最強だったのに。

後半は隼磨の動きがよくなってきましたが、奥があまり絡めなくなってしまった
印象です。失点した段階で大橋、遠藤あたりを投入してもよかったのではないかと
も思いましたが。
奥は最後の決定機をはずしたのはかなりマズイです。
それにしても、失点後の時間帯はポジションからコンビネーションから全てが
ばらばらになったのはどうしたんでしょう。これほどチームの軸がぶれることは
なかったと思いますが、連敗中の空気、ということですかね。
DFラインでの横パスでさえかなり危険なシーンがいくつかあったのはちょっと。

また、清水の突破が倒されたのはPKではなかったかと思いますが・・・手をかけたのが
エリア外という判断なんでしょうか。にしてはずいぶんと位置が遠かったように
感じられたのですが。ただ、そのFKを栗原が狙ったというのはいったい・・・?

残り少ない時間帯で、隼磨が早いタイミングでクロス入れていったときはけっこう
チャンスになる雰囲気はあったんですんがね。そこで中西が上がっても、
という気はしないでもないですが。
それと怪我や疲れでしょうか、中澤がちょっと本来の出来ではないところが
見受けられました。

あと、気になるアデマールですが、試合前、ハーフタイムの練習で右足アウトに
かけたシュートを放っていました。そこそこ枠を捉えていたと思います。
本番であればもっと強烈な弾道で行くと信じておきましょう。
思いっきり蹴ったボールは枠をなかなかに大きく外れてましたが・・・
あまりパンチ力タイプではないのかもしれません。

しかし山東の時間稼ぎに姑息な演技は見苦しいの一言ですね。ボールを渡すと
顔を押さえて倒れる、これに山東ベンチ猛抗議、ボールも人もないところで
突然倒れる、GKはゴールキック用のボールをスタンドに向けて大きく蹴り返す。
鹿島以下ですな。審判がさほど惑わされなかったのは幸いでしたが。

どうやらACLのルールでは勝ち点が並んだ場合、当該チーム同士の成績、得失点差で
決せられるらしいです。となると、無理に行って0-2になるよりは0-1でアウェー勝負
にかけたとすれば、交代が少ないのもまぁわからないでもないですかね。

ぜひともアウェーではこの胸糞悪いチームをきっちり叩いて欲しいものです。
城南は荒いながらも確かに強かったですが、山東ははひたすら気分が悪い。

*間違いを訂正。ついでにアデマールについても一言追加。
posted by Livingdead at 04:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2341680

この記事へのトラックバック

他人事イベントのアジアチャンピオンズリーグ
Excerpt:  アジアチャンピンズリーグにはJリーグの磐田と横浜Mが出場しているが、全くチケットが売れていないようだ。  ワールドカップ予選のバーレーン戦に予約が殺到したのに比べ横浜M対中国代表の一般の人では知ら..
Weblog: SEABLOGスポーツ
Tracked: 2005-03-10 12:12
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。