2005年03月16日

原点回帰

法科大学院からのお知らせ、というところで、
来年度からは欠席多いと単位あげないよ、遅刻多くてもダメだよ、
豪快すぎる遅刻は欠席ってことにするよ
という掲示がなされました。

一応、法科大学院は「プロセス重視」なんてことをお題目として掲げている
わけですから、まぁ方向としては納得ですね。

もっとも、わざわざこんな掲示がされてるぐらいですから、今年度においては
成績評価における出席(平常点)の割合は内に等しいということだといってる
ようなもんですね。
実際、自分の周りでも出席に関してはけっこうアレな感じでも、しっかり単位を
取ってる人がけっこういるわけですから。
成績優秀者として表彰されたい、いい成績で将来も有利に、という考えであれば格別、
きっちり単位を取って卒業したいという向きでは、毎回の講義の予習復習を
しっかりやる、というのはかならずしもいい結果に結びつくとは限りませんし・・・
人にもよりますけどね。

それにしても、こんな掲示まで出して脅しをかけるようにしてまで、出席を
強要することにどこまでの意味があるのかはわかりませんが。
posted by Livingdead at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 1年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2436584

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。