2005年05月26日

ACL/くやしさを、胸に

ACL(アジアチャンピオンズリーグ)の地位向上に日々励むLivingdeadです。
というわけで普段はやらないサッカーの感想をACL限定でアップしてます。
UEFAもいいけど、こっちも!日本のチーム出てますよ!
というか前日に告知しとかないと意味がないかもと思いました。

私は3月の山東戦以来のACL観戦。すでに1次リーグ敗退は決まってますが、
今後のリーグ戦、そして来年のACLに繋げるためチームもサポーターも
消化試合の雰囲気ではありません。
観客は6000人強と多くはありませんが、なかなかによい雰囲気です。

メンバー、結果はこちらを参照していただくとして、
個人的な感想を。

まず、10日前の浦和戦とはみな動きがまったく違いますね。後半になっても
足が止まらないのは安心できました。

とはいえ、前半は最近の試合経過をなぞるかのような展開。そこそこ攻め込むも
最後が雑というか押し切れないというか。シュートがさほどない上に枠に行きません。
大島久保の2トップはボールが入らないし、シュートチャンスもそれほどないです。
大島は得意の点で合わせるボレーが一つありましたか。
ああいう場面になると上野のミドルが見たいのですが、最近見ませんね。

ひさしぶりのスタメンとなる久保は、まだまだボールの感触を確かめるような
プレーに終始してましたね。時折テクニックは見せてましたが、相手のDFラインを
横に走ってかく乱させるような独特の動きなどは見られなかったと思います。

前半で目立ったのはドゥトラと奥ですかね。ちょうど目の前だったのですが、
二人のパス交換で面白いように左サイドを切り裂いてました。ドゥトラは相手の
チェックも緩かったこともあり、鬼のようなスピードとテクニックでした。
惜しいミドルがポストにはじかれたのは残念でした。
直接狙うFKは今ひとつでしたけど。
奥は決定的なパスは多くはありませんでしたが、驚異的な運動量が戻ってきました。
シュ−トはからぶったりとありましたがね。

後半は坂田が入ったこともあってか、前線が活性化します。
ドゥトラは相変わらずで、逆側の大橋と隼磨のコンビもさえてきます。
SBの二人はほとんどウイングでしたね。
坂田がスペースをうまくつくようになり、久保もだいぶ積極的になってきました。
久保はGKに競り勝とうかというヘディングも一度見られました。

幾度もサイドから崩していき、何度も入ったかというシーンがありましたが、
点には結びつきません。GKだかがかきだしたのは入ったようにも見えましたが・・・

ドゥトラの先制ゴールは圧巻でした。奪ったボール持ち込んで左から一閃。
どのコースを通って入ったのかわからないくらいの弾道でした。
あれで完全にマカッサルの集中も切れたような雰囲気でしたね。
ゴール以外でもとにかくドゥトラはすさまじかったです。今日のMOMは
彼で間違いないでしょう。やはり万全であればJ最強の左サイドだと思います。

残りの2点はともにセットプレー。仕掛けた結果奪ったセットプレーから
なので悪くないと思います。
ただ、やはり崩してからFWにゴールが欲しいところではありましたが。
坂田が昨年並みに取れるようになるといいんですけどね。

交代で出た山崎、後藤もそれなりの動きでした。後藤の蹴るボールは
スピードも変化もあって今後に期待が持てますね。

一応今日は4バックのテストでしたが、相手が相手なのでどこまで参考に
なるかは微妙ですが、奥や大橋を生かすにはこの形がよさそうです。
トップ下一人ではやはり負担が重いのでしょう。前線に人数がかけやすいのも
利点だと思います。山瀬が絡んでくるとさらに幅が広がるでしょう。
後は、攻めた後の守備も含めて、サイド攻撃がこれまで通りできるか、
というところでしょうか。


守備に関しては相手の攻撃が皆無に近いのでなんともいえませんが、
無難にこなしてました。那須は一時の不調からはほぼ回復したようです。
これでパスがうまく散らせるようになれれば。
上野はもう少し前線に絡めても、とは思いましたが。昨年1stを見てますし。

CBも問題なし。河合のあの粘り強い守備と高さはやはり貴重です。
松田はパスカットに速さにとよく、声も最も出ていたようで、さすがに
リーダーの風格が漂ってました。盛り上げ役ですねぇ。
榎本達は今日は仕事ないです。

思い出したことを追記。
マカッサルについては特に印象もなかったのですが、割にクリーンで
けっこうごつかったですね。
特にCBの4番の選手はでかくて速くて最後までついていく粘りもありなかなか
いい選手でしたよ。

試合後、「アジアの歌」を歌い続けるゴール裏、一様に締まった表情の
選手達を見て、来年こそは・・・とあらためて思いました。

そのためにももう少し知名度をアップさせたいところです。
特に放送権を独占してるテレビ朝日は北朝鮮代表に多大な時間を
さく前にこれらACLの試合をもう少しどうにかしてください。
当日深夜でもいいので地上波放送とかお願いします。ニュースで
多少なりともあつかうとか。


おまけ:
近くにいた集団さんが野次がやたら多くてでかい声だったのは残念でした。
マリノスの選手達へのブーイングが一番でかい声って言うのはちょっと
どうなんでしょうか。
その前に座っていたお二人さんはハーフタイムでどこかへ移動してしまいました。
やむなしでしょう。

それにしてもやはり三ツ沢はよいですね。あの臨場感はいいです。


来週は、一転ユベントスとの試合ですね。
ここでも4バックで今度は守備の確認をしていきたいところです。
posted by Livingdead at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3902342

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。