2005年08月01日

世界遺産で馬鹿一人

今更感が漂うこと著しいわけですが、今回の帰省では京都によりながら
帰ってきたのです。夜行二回使って。ムーンライトながら&ムーンライト九州。
鉄ちゃんでもないのに。そうそう、ムーンライト九州は相当冷房効かせてます。
これから乗る方は長袖を用意していきましょう。


昨年も似たようなことはやりましたが、今回はそのときに行けなかったところを
いくつか回るとともに、敵状視察と称して西の雄・京都大学に侵入してきたのです。

もちろん目的は法科大学院。うちの突貫工事の素敵建築と比べてどうなのか。
ちなみに学部で通っていたところは専用校舎も立派に建っていました。

そして京大。門から入ってすぐに法科大学院への案内板が見えます。その示す先は
・・・獣道?
明らかに先が工事現場で、草むらに覆われてるっぽい道ですけど?

いやいやそんなばかなと先を進むと、ちゃんと法科大学院と看板があります。
外見はそこそこきれいですが、これは古い建物っぽいですね。どうやらキャンパス移転で
空いた建物を改装して使ってる雰囲気です。中には入りませんでしたので実際どうなのかは
わかりませんが、京大の方々の苦労が垣間見えた気がしました。

他の大学の校舎を見たりするのはおもろいですね。時間があれば夏休み中に
また他の大学も見物に行って見たいものです。


で、その京都では二条城にも行きました。ご多分に漏れずウグイス張りの床を
静かに歩こうとして一歩目で派手に失敗してみたりしました。無理だって。
その二条城の休憩室で、記念メダルと刻印機が用意されてるのを同行の友人が発見。
イニシャルや名前、日付け、思い出なんかを刻むことができるのですね。

おもろそうだな、と思ったら即実行。とりあえずメダルを購入してチャレンジ。
打ち込むときにもっすごい音がしますが気にしない。
文字の間隔と大きさ、刻印される場所をうまくつかむのに苦労します。
いまいちズレが大きいので二度目に挑戦します。これはそこそこうまくできました。
やたら手馴れてきた自分に疑問を覚えつつ。

完成したのがこちら↓

medal1

medal2

このブログ名と、コンセプトである「HITOBASHIRA」が刻印されてます。
キーホルダーになるチェーン付。

で、ですね。2個あってもしかたねーだろうということでプレゼンツとします。
ほしいという奇特な方はこちらのメールフォーム(右サイドバーにもあります)から
メダルくれとか何とか送ってみてください。
もちろん匿名でOK、アドレスはHotmailででも捨てアド取ってくればいいと思います。
当たった方にはこちらから連絡差し上げますから、いろいろ気になる人は
応相談ということで。ついにここ用のアドレスが役に立つときが!?

締め切りは一応8月16日としてみます。今月いっぱいにしようとも思いましたが、
たぶん自分が忘れるので短めに。
posted by Livingdead at 03:05| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめましてです。前から時々拝見しております。ひょっとして通われている大学院というのは、正門のそばにある全面ガラス張りの建物ですか?私はそこの学部出身です。
大学院は京大にしました。ようこそ京都へ。ご推察の通り京大の大学院の建物は古い建物を改装しただけで実はぼろです。
ちなみに京大は7月試験です。9月試験になれていた私にはつらいです。9月試験がうらやましいです。
Posted by momo at 2005年08月02日 04:43
はじめまして&いらっしゃいませ。

そうです、そのガラス張りで今の時期がひどく暑いアレのあるところに通ってます。

大学内に勝手に侵入しましてすいません笑。
やっぱり改装モノなんですね、あれ。
どこも校舎はギリギリでどうにかしたようなところが多そうですね。
そのせいか京大も追いやられてる感を感じました。
法学部の建物ともちょっと離れてましたよね。
そういや生協を見つけるのにえらく苦労しました。

京大は7月試験なんですか。今は7月のところが多いと聞きます。
私の学部時代の大学も7月でしたからね。
夏休みが長いのはいいんですが、それまではやっぱりきついですねぇ。
Posted by Livingdead at 2005年08月03日 02:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 床建物の構造体の一部(本記事では同定義を記載する)。床の間の略称。読みはとこ。古来、日本では畳が敷物や寝具の一つであったため、現代においても床(ゆか)に布団を敷いて寝ることが多く、布団や就寝に関する用..
Weblog: 建築辞典
Tracked: 2005-08-02 04:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。