2004年09月07日

学期末試験6番勝負 Round2

科目種別:六法
単位:2
時間:2時間
出来:5(標準:6)
寸評:問題は2問で、判例を比較させて、それらを整合的に解決するというものと、ある事案に対して、当事者としての主張およびそれに対する裁判官としての解決を考えよ、というものでした。
昨日同様、講義内容を踏まえたもの、ではあったのですが、取り上げられた判例がちょと意外なものであったことからとまどいました。

これもまた同じなのですが、2時間ではけっこう厳しいですね。受ける前は2時間は長いなぁ、とは思いつつも始まると短いものです。

ちょっと内容が一貫してないものになってしまったので、出来としてはあんまりよくないでしょう。
posted by Livingdead at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 1年目夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/561473

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。