2005年10月18日

延長戦に入りました

月曜1限目、折からの雨、履修登録確定、という条件がそろって
最も大きい教室がほぼ埋まるというところにロー生の底知れぬ力を
感じ取りましたね。
ちょっと出遅れたらものの見事に路頭に迷い、危うく帰るところでした。


教室が足りない、ということは散々訴えてきました。
曜日によっては、一つの教室をほぼ一日中使ってることもあります。
ということは、一つ授業が終わればすぐに退散しないと次の授業の生徒や先生が
なだれ込んでくるということです。


とある授業の前のこと。

前の時間の授業が終わるのを教室の外で待っていました。よくある風景です。
しかし終了時刻を過ぎても人が出てくる気配がありません。よくある風景です。
さらに開始時刻を過ぎても人が出てくる気配がありません。さすがにない風景です。

始まってるのと勘違いしたのか、後の授業(私が受ける授業ですね)の履修者が
うっかり教室内に入ってしまい、前の授業の先生から注意されたようです。
なぜに。いや、授業中なんでしょうけど。


私らの授業の先生もすでに来られて待ってます。まだ終わりません。
さすがに痺れを切らした先生が入ってみたところ、どうやら終了時刻を把握して
なかったそうでして、あわてて終わらせたみたいです。

ほっといたらどこまで伸びてたんでしょうね。


この先生に限らず、延長が大好きな先生は時々おられます。
以前に書いたものも含まれてますが、

毎回のように昼休みをほぼ丸ごとつぶしたり、
同じ教室で後に授業が入ってると伸ばせないという理由でマイナーな教室を
使っているという噂があったり、
次の時間に授業がある人がいないことを確認して、てぐすね引いて待っていたり、
さまざまです。


それにしても、人が詰まっていた教室に入った瞬間に感じる空気の悪さはひどいもんです。
posted by Livingdead at 03:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。