2005年10月28日

教科書の新提案

新会社法セミナーで思い出したのですが、商法は今回の大改正の前にも、
毎年のように何かしらの改正が行われてきました。

当然それとともに、教科書も改訂されるわけです。全てではないにしても
主だった本はだいたい改訂されてますね。

となると、読むほうとしても毎年買うことになるわけです。
とはいっても、これまでの改正は一部改正ですから、改正された分だけ
欲しかったりします。
いろんなところに影響するので単純にそうもいきませんが。


そうすると、教科書代の負担もなかなかのものだったりします。
そういったものをケチると云々、という話は置いとくとして。
最近は改正が多いのは会社法だけでもないですしね。


で、ですよ。全面改正された後ではむなしい話ですが、それまでは会社法の
教科書は加除式にならないかと常々思ってました。
バインダーで閉じる形式にして、変わったところだけ差し替えると。
バージョンアップ版だけ買えばお得!

ちょっと予備校テキストっぽくて嫌がられそうですけど。
作るほうのコストとしてはどちらが楽なんでしょうかね?
差し替え版だけでなく、通常版も売るとなると二度手間になりそうですし。
といっても、作るほうでも差し替えればいいだけのような気もしますし。


加除式はちょっと難しそうなので、PCソフトみたいに優待版とかないですかね。
旧版を下取りに持っていけば、新版が割引で買えるっていう感じで。
法律が変わった後の旧版って使い道がないですしね・・・


ついでに乗り換えキャンペーンとかまでやり始めて、対象となる教科書と、
説が対立してる教科書を下取りに持って行くと割引になるとか。

ex.行為無価値→結果無価値のお乗換えで3割引!。

何かものすごいしがらみ配慮とかいろいろ出てきそうで怖いですねー。

posted by Livingdead at 02:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
楽しく読ませていただいてます
今回の記事で気になったのですが、living dead さんの法科大学院内の自習室や図書館等では、予備校本(例えば入門講義テキスト)を広げられる雰囲気というのは皆無なのでしょうか?(゚_゚i)
やはり大っぴらには広げられないという程度でしょうか?
それとも予備校本レベルの知識はとっくに頭に入っている方が多かったりするのでしょうか
Posted by にょ at 2005年10月28日 02:56
こちらこそどうも。ありがたい話です。

予備校本ですか。
確かに自習室ではそれほど多くは見受けられませんが、決していないわけでもないですよ。
それを使っていたからといって、別におかしな目で見られることもないでしょうね。


まあ、授業の予習、という点でいえば予備校本では対応しづらい部分もあるので、
学校で使うのは基本書とかそれに近いものが多くなるかな、とは思います。

それと、ここの学校の場合は担当の先生自身が本を書いていることが多いので
そちらを使うほうがいろいろと便利だったりということもあるかもしれません。

予備校本レベルの知識はとっくに頭に入っている、かは人それぞれではないでしょうか笑。
実際、予備校本レベルといってもそれくらい頭に入ってれば、
入ってから苦労は少ない気がします。
私自身は苦労が多いほうだったりしますが。
Posted by Livingdead at 2005年10月30日 00:59
レスありがとうございます

そうですかー

やはり予習で先生の基本書を開くことが多いんですね

法科大学院の雰囲気を、なんとなくではありますが、感じることができました(´・ω・`)

ありがとうございました

Posted by にょ at 2005年10月30日 14:39
いえいえ。お役に立てれば何よりです。

せっかく今日学校に行ったので、ちょっと注意して周りを見て見ましたが、
思ったよりも予備校本が見受けられましたね。

特に未修の方は予備校本も利用されたほうが
効率がいいかもしれませんしね。

まぁ何かしら教材を使ってある程度勉強した上で、
授業の課題の教材を読んでいく、という感じですから、
何を使うかはそれほど深く考えなくてもよいと思いますよ。
Posted by Livingdead at 2005年11月01日 03:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。