2005年11月04日

天皇杯4回戦 横浜F・マリノスVSベガルタ仙台

天皇杯といえば、
横浜F・マリノス 2-2(PK4-1) 市立船橋
横浜F・マリノス 1-2 ザスパ草津
をはじめ、東京ガスにブランメル仙台とステキな思い出が甦りますが、
今回はこちらがベストメンバー、ベガルタがサブ中心というこれまでとは逆の状況。
余計に不安が高まります。

開始1時間前に着きましたが、ホーム側自由席は立ち見まででてます。
結局立ったままの観戦になりました。負けてたら疲れ倍増でしたでしょう。

で、内容等はJ'Goalオフィシャルが詳しいです。
よって、目に付いたところをいくつか。


注目の久保は、動きがいつも以上に緩慢なところはありましたが、1点目のヘッドを
はじめとした規格外の身体能力、チャンスと見るや猛然とゴール方向へダッシュ、
さらにラインとの駆け引きに動きなおしと、格の違いが出てましたね。

久保がいないと、クロスに対してファーで待つだけの状況が多かったので、
これは大きな改善です。大島は割りといいところに入ってきていましたが
いかんせん出番がないですし(今日も出場なし)。

ただ練習中はほとんど右足のみしか使ってなかったのは気になりますけど。
それでも右足でかなりの威力のボールを蹴ってましたが。
やはりお金を出してみる価値が十分にある選手です。


もう一人個人的に見てたのがマグロン。後姿は久保とそっくり。
オーバーヘッドをやりましたが、一瞬久保がやったのかと。
直後に久保も真似したのか、オーバーヘッドに挑戦してました。

トップ下での出場でしたが、キープ力と視野の広さはさすがというところが
あるものの、球離れが遅くボールを奪われてしまうことも度々。
あれだとボランチでは使いづらいかもしれません。あとちょっと運動量も少ないかな。

といっても、3点目が入ってからぐらいは積極的に前線へ出てきてましたし、
04年の上野のように進化してくれればものすごい戦力になると信じてます。
練習見てるだけでも何気ないトラップ、キックで技術の高さは窺えますから。
上がってきて目の前で競り合った相手選手を突き倒したのはご愛嬌。
客席も「そらファールだわ」と苦笑い。


あとは最後のほう、隼磨と中西の右サイドが面白いように駆け上がって元気だった、
試合前練習で中澤がシュート決めてえらい楽しそうだった、
那須が出てくると中盤で体はれるのはやはりよい、
その那須は試合後のランニングで派手に?観客に挨拶して大喝采、
キャプテンマークつけた松田は上がるとすぐわかるので便利、
榎本達がだいぶ安定してきた(除キック 元からあれですけど)、
仙台の応援ソングはやはり中毒性がある、
(以前「かったのっさかっ!(片野坂!)」)というコールと踊りがしばらく
頭に焼きついたことがあります)、
三ツ沢は選手近くていい+昼の三ツ沢は初めて、

といったところです。いい休日でした。
posted by Livingdead at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。