2006年03月18日

予備校のつかいかた

前のエントリの最後で予備校のことについて触れかけたので続きを。


そのエントリでは、結局現行の司法試験と法科大学院ではやることは
かわんないんじゃないの、でそれはそれで当然かもね、という
ことを書いたつもりでした。
それではこれまで大きな役割を果たしてきた予備校のあり方は
どうなるのか、ということですね。

まず一つには司法試験を受けるのがロー卒業生のみということで
パイが少なくなります。まして今は過去問もろくにないので
対策講座なども開きにくい。LECがほとんど新試験に関して
動きを見せていないのもそのへんなのでしょうか?

となれば、ロー入試対策をメインにするということになりますね。
これはこれで各大学毎で異なるので難しい面もあるかもしれませんけど。


では、受験者である私たちはどう利用するのがいいんでしょう。
先ほど書いたことからすれば、新試験独自の講座がなくても利用する
価値は十分にあると思います。特にインプット系の講座であれば
ロー独自ということは特にないのでより効果があるでしょうね。

その上、ローの授業の効用がまだ未知数な現状ではよりその効果は
高いといってもいいと思います。

それでちょっと考えたんですけど、未修者の方の場合なんですが、
例えば仕事をやめたりして3年コースに入るよりは、通信なりで
予備校の基本講座を受講した上で既習コースに入ったほうが
いいかな、なんて思ったりします。

こっちはこっちで負担は多いでしょうけど、
かかる費用はそれほど変わらない、留年のリスクが1年減る、
仕事をやめなくても挑戦することが出来る、現状ではローの授業が
未知数、ということなどのメリットがあるんですね。


なんだかんだで予備校は「受からせるため」にほぼ全リソースを
さいているのに対し、ローの現状とその理念/理想を見る限り
「不適格者を落とすため」に存在している、という部分が見受けられます。
「教育」よりも「選別」に特化したものにしたいのかなぁ、
なんて感じるんですよね。

この先制度が成熟して行くなりすれば状況は変わるでしょうけど。
2年間通った限りではちょっとそんな気もしました。

もっとも、自分でどんどん勉強できる人や能力の高い人には
あまり関係のない方法論なんですが。
posted by Livingdead at 01:42| Comment(1) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

卒業までのToDoリスト

RD-H1がうちにやってきました。
3,4年落ちのキャプチャボードから進化します。
これで4月の新番組ラッシュもW杯にもスタンバイ・レディです。


さて、卒業式まであと1週間となりました。
ここいらでそれまでにやるべきことを。

・学割で買えるものを買っておく
 →Office、Adobe製品、apple製品・・・他になにかありますかね?
  なにかオススメのものがあったら教えてください。
  あ、生協で本も買っておきましょう。
・学校のプリントカードを使いきる
 →近所の店のクーポンでも片っ端から印刷するとか。
・ロッカーの中身の撤収
 →家に置き場所が足りない・・・
・卒業式の衣装
 →普通に考えればスーツなんですけどねぇ。なにかないものか。
・第2ボタンの在庫確認
 →誓ったりもしますし。
・伝説の樹の場所確認
 →何をかいわんや。
posted by Livingdead at 02:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

集え、刑事弁護士

気晴らしにブックオフで買った漫画が実は絶版本で、1冊2000円
くらいで取引されている、という出来事がありました。
これもアリア社長のお導きですか。


法曹倫理の授業は、クラス別に担当される先生が違っていたの
ですが、私のクラスの先生は刑事弁護を多く扱っておられる
先生でした。

当然ですけど、私たちの中にも刑事弁護士を志す人が出てきて
ほしいという希望をお持ちなわけでして。
授業でも刑事弁護のことは熱く語られましたし、みんなの
予想通りに試験でも刑事弁護が出ました。

私自身も刑訴ゼミにいたことがあったので興味がないわけでは
ないのですけどね。

で、授業の最中にふと先生が思いついて、
クラスの中に刑事弁護をやりたいという人がどれくらいますか?
ということを聞かれたのです。
しかし。残念ながら手を上げる人はいませんでした・・・


・・・後日、先生からのメールがまわってきました。
なんでも刑事弁護を志す人がいないのがよほどショック/残念
だったらしく、先生の書いたものを添付されていて、これ読んで
ぜひその道にも進んでみて欲しい、とのことでした。

なるほど、刑事弁護というのはやはり情熱が必要な仕事なのだなぁ、と
また別の感慨も覚える出来事でした。


でも先生。
同じときに、いわゆる大手事務所に進むことを考えている人は?
という質問にも誰も手を上げていなかったので、きっと隠れて
目指している人もいるはずですよ!
大手事務所志望がいないなんてありえませんからっ。
みんなきっとシャイなんですよ。
posted by Livingdead at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

優秀者も発表

鹿島0-3横浜 横:39分マグロン、79分マグロン、81分ドゥトラ

だから去年からマグロンマグロンマグロン言い続けてきたわけですよ。
あ、ここでは言ってないですか。
このマグロンと浦和のポンテは、彼らのためだけでも金出して見に行く
価値があると思いますよ。3月25日には横浜でなんと同時に見られますぞ!


昨年の記事で成績優秀者が表彰されるということを書きました。
どうすればそのような栄誉に与れるかは当該記事を見ていただくとして、
卒業者と同時に該当者の発表も行われました。

要件が緩和されたのでどうなるかな、と思いましたが、蓋を明けてみれば
特別優秀者は全体の約10%、優秀者は約16%という結果に落ち着きました。
重複はしないので、合計で3割弱の人が表彰されることになりました。


これも前に書きましたが、学年末には成績を4ブロックに分けてそのブロックを、
最上級生徒会ブロックだけは順位を通知することになってます。
比率的にはだいたい第1ブロックに該当する人が表彰された、というところでしょうか。
もちろん、ゼミは表彰の対象外だったり、Aでない科目の成績なども関係しますけど。
あと、Aをつけられるのは受講者の3割までという制限があるので、
そういう意味でもこんなものかな、と思います。

まぁ多いなぁとは思いましたが、多いからといって誰が困るわけでもないですし、
そもそも自分と関係のない話なので。
ちなみに同じクラスから表彰された人がやたら多かったです。
そりゃ私がクラスで浮くわけだ。


あ、あと留年者ですが、入学時から減った人数は約20%でした。
もっとも、現行試験に受かった人などもかなり含まれているので(おそらく減った
人数の少なくとも半分以上)、実際のところはなんともわかりません。


P.S. 順位発表はこんな感じでもいいじゃないかな。
posted by Livingdead at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

(速報)祝・卒業 祭り会場(仮→確定)

「リリカル!マジカル! ××大ロー生・ナンバー*****、卒業!」

というわけで記念カキコ。

先ほど友人より入電がありまして、どうやら無事卒業できたみたいです。
あんだけ気にしておいて、当日の発表時刻には家で爆睡とは
我ながらひどいものです。

まぁ、思えば合格発表も都内に住んでるのにもかかわらず、
ネット上に有志の方がアップしてくれた写真で確認しましたからね・・・

というわけで、今回はちゃんと自分の目で確かめてきます。
成績表も配布されますが、そんなの飾りです。偉い人には(略
け、決して胴上げに混じってこようなどと考えてるわけではっ。
posted by Livingdead at 13:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

プロセス重視にも罠

前のエントリで書いた第二東京弁護士会のシンポジウム、
こちらで内容の詳細がレポートされていました。
正直、これを見るまで完全無欠に忘れきっていました。
J開幕と重なったのが悪いということでひとつ。


シンポジウムに関しては行ってないのでコメントもあまり出来ませんが、
1年目でさっさと引導渡すなら入試の段階で撥ねておいてくださいよという気がしたこと、
大学内での審査・査定をそれだけ厳しくするなら、
それに加えて新司法試験で競争させるのはなんか二度手間になりませんか、
弁護士という職業のあり方の根本的な捉え方がちがうと議論がかみ合わない、
という感じでしょうか。



そこでも多少取り上げられていますが、法科大学院が作られたことの目的の一つは
プロセスを重視した教育にあります。
つまり、現行試験のような一発勝負ではなく、2〜3年かけて法曹にふさわしい人材を
育成するということですね。
その方法として双方向教育やケーススタディが採用されているわけです。

なぜそのようなことになったかというのは、予備校的な教育、学習方法のにあります。
もちろんこれが全てではないですが、大きな割合を占めていることは確かでしょう。


とはいっても、学内での評価方法はほぼ試験一発勝負、申し訳程度に平常点があるかな、
といった程度のものです。平常点といっても欠席3回でアウトとかの減点法が多いですが。
じゃあ、授業内容をきっちり把握すれば評価されるか、というと必ずしも連動してるとは思えません。

確かにやったことを全て正確に理解し説明できるほどの力があれば、自ずと試験でも高得点が
期待できるでしょう。しかし、私のような半端な力の人間ではそこまでのことは出来ません。
・・・そういう人は法曹にふさわしくない、ということはこの際置いておいておきましょう。


では何をすべきか。(ここはたぶん既習者+司法試験科目に限定した話になると思います。)
授業の復習、というのは正直言ってあまり効率がよくないです。
ケーススタディ+双方向という授業形式の性質上、あまり網羅的なことはできません。

しかし、試験で問われるのはその科目全体に関してです。当然ながら。
となれば授業に関してはどんなケースを扱ったかを確認するくらいで、
あとは教科書などを普通に読むという基本的なことをするのがよい、ということですね。
 *これで失敗したのが昨年落とした科目でした・・・


早い話が、新制度だからといって特別なことをやってるわけではなく、法科大学院もある程度
司法試験のための存在なわけですから、そこで求められることも従来の試験と変わりはないわけです。
予備校教育を否定しても、要求されていることは同じなのですよ。
それなのにいきなり外見だけ取り繕うように変えてもなかなかうまくはいかないと・・・

もっとも、これから5年10年と運営されて行く中でノウハウが蓄積されてうまく動くように
なるかもしれません。というかならないとやばいんでしょうけど。

ちょっとうまくまとまらないまま書いたんでわかりにくいですが、
要するに、ちょっと狭いけど通行できていた道を拡張するために、
単純に道幅を広くするのではなく、迂回路をたくさん作ってよくわかんないことに
なってるんじゃないかな、てな感じのことです。余計わかりにくいわっ。

なんか批判めいたことが多いですが、よいところはほっといても自分で
宣伝してくれますからいいでしょうってことで勘弁してください。


このへんに絡んで予備校と法科大学院の比較でもしようと思いましたが、
長くなってきたのでまたの機会にでもやります。
posted by Livingdead at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

講評会の罠

いよいよ来週に迫った修了者の発表ですが、発表の詳細が出ました。
法科大学院の掲示板に張り出されるそうです。なんの嫌がらせですか、そりゃ。
留年したかが抜けてる番号でバレバレですけどっ。

「なお、修了予定者が留年することとなった場合は、速やかに大学院係窓口にて
所定の手続きをとること。」のくだりが恐怖感を倍増させます。

ちなみに進級者も同時に発表されます。昨年はそういったものはありませんでしたね。
あって嬉しいものなのかどうかわかりませんけど。


修了に絡んでですが、再履修科目の試験の講評会が本日ありました。
私自身は出ていませんが、出てた人から聞くところによると
書くべき論点があれやこれやの大盛りだったそうで。

確かに考えながら多いなとは思いましたが、それをはるかに上回る量でしたね。
書いてないものがざくざくと。
あまりに広くて別の問題と論点被ってますよ、と言うのもありましたが、
それはそれでどちらかで書けばよかったそうです。えー。

さらには、それ授業でろくに扱ってないんじゃ、というのまで出てきました。
基本的に扱ったユニットからってのはなにー?所詮は原則ということで。
これについてはまた書くかもですが、授業でやったことの復習というものが
いかに非効率的なものかをあらためて思い知らされました。

先生いわく、難しくはないが歯ごたえのある問題だとのこと。
難しくないってそれもしかして先生視点でみたんじゃ(略
そして不可も少数ながら出したということで、もう欝波動やらタナトスやらが
絶賛増量中な状況なのであってかなりダウナーであって無気力化。

ああ、もう認めてやる。私は行政法が嫌いだ・・・嫌いだ!
posted by Livingdead at 19:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。