2006年02月07日

法科大学院について議論する会

予報より10度ばかり低い気温に終始した1日、いかがお過ごしでしょうか。

今日も自習室は満員御礼、でもなかったですが、寒い!
暖房はついてるんですよ。しかし、ガラス張りの室内で窓際はよく冷える。
さらに、部屋の入り口が空いてるのでそこから寒気がシベリア高気圧ばりに
入ってくるのですよ。

だもんで、足元を中心にやたら冷えるのです。

奥のほうに行けばそうでもないんだろうなぁ、とは思いますが、そこはそれ。
ファンでもないチームのゴール裏スタンドのど真ん中にいるかのような
場違い感といえば多少は伝わるでしょうか。
あるいは、祭りで勝手に露店を出すかのような感覚/罪悪感/恐怖感。

図書館にでも行けばいいじゃないかな、ということに気がつきました。
荷物を持ってちょっとの移動をめんどくさがるとこういう目にあうわけですな。


自習室入り口の壁新聞コーナーで、法科大学院に関するセミナー(シンポジウム?)
の告知を発見しました。
法科大学院での教育とかそういうことについてのものだそうですよ。

第二東京弁護士会と都内複数の法科大学院が行うそうです。
法科大学院からは先生はもちろん学生も参加します。
うちの大学の名前もあったような。

開催日時は3月4日、時間と場所は・・・忘れました。
というか、どこのサイトにも載ってませんね。
載ってるだろうと思ってろくにメモってませんでした。
気がついたら追記しておきます。

ちなみに私は参加してません。
そんなオフィシャルな感じの場所に呼ばれるわけが。
法科大学院生によるオフ喜利とかなら違いますが、よく考えるとそっちのほうが
はるかにプレッシャーがかかりそうなのでやっぱ無理です。
posted by Livingdead at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

ついかっとなって取った

>@電子チケットぴあをご利用いただき、ありがとうございます。
>ご購入の明細は以下の通りです。
>■公演名
>ローリング・ストーンズ
>■公演日
>2006/03/22 7:00PM
>■ご購入席種
>C席 9000円 × 1枚 バルコニー1塁 *列 ***


いや、今朝起きましたらね、ちょうど追加販売やってましてね。
正直高いとは思ったんですが、一度くらいは見ておきたいと前々から思っては
いたのですよ。次あるかどうかわからない感じですしね。

あと、動けるうちにいろいろとやっておきたいと言うのもありまして。


「Jumpin' Jack Flash」とか「It's Only Rock 'N' Roll」が生で聞けると
思えばこれくらいは、ねぇ?でもやっぱ高い。
トヨタカップぐらい高い。あれも私が始めて行ったときから倍くらいですからね。

予習として新作ぐらいは買っておきましょうか。
「A BIGGER BANG Tour」ですし。
法科大学院生たるもの予習は生業ですから。


取ったあと、卒業式の日にちと被るんじゃないかと思い出して、
ひとしきり恐怖してギリギリ被らないことが判明してもんのすごい安心しました。

うん、今見たら普通に余ってますね。
慌てることもなかったですか・・・
posted by Livingdead at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

Sound Of Cleaning

ロッカー室が出来て1年半以上。ぐらい。ダニ駆除などを経た現在でも、
相変わらずの惨状です。
ロッカーの上やら下やらいろんなものがおかれてます。

なんとなく見回してみると、六法、講義の資料といった定番モノから、
ラケット、シューズ、グローブなどのむやみにスポーティなグッズが目に付きます。
写真だとわかりやすいのですが、そこはさすがに人のものですし。

変わったところでは、
設置当初からずーっと置かれている水(前にも書いたような)、
マザーボード(?)の箱、
なんかの漫画、といったところですかね。


一応「ゴミ」と判断されるものに関しては処分されることになってますが、
このようにカオスなことになってます。

そこで、学生の側から掃除をしようという提案が出され、有志で
モトラッド艦隊ボランティア隊が結成され「ロッカー室クリーン作戦」が
遂行されるそうです。おー。

でかいスピーカー持って「ナタリー」(フリオ・イグレシアス)を流す係なら、やります。
posted by Livingdead at 00:44| Comment(4) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

学期末試験3番勝負 Round1

科目:基礎法(必修)
単位:2
時間:100分
出来:5.5(標準:6)
寸評:最後の学期末試験、その1。
   実はまだ試験期間ではなく、補講期間なので試験時間が通常の2時間ではなく、
   授業と同様に100分なのです。

   このかもくは3年生で必修の基礎法科目。中身としては医療関係の話が
   中心だったりして法律っぽくはないです。
   同一科目内で選択となっておりまして、ジェンダーだったり哲学っぽかったり
   する科目もあります。


   この授業内では先生がすでに「正解があるものでもない」なんてことを
   仰ってましたので、わりと気楽な感じで受けました。

   問題は2問。
   第1問はなんと授業で扱ったケースとほぼそのまま。これはちょっと不意を
   つかれましたね。書きやすくてよかったですけど。
   第2問は、「利益相反」という状況の具体例を考えて解決せぇ、という問題。
   授業中でも多く扱ったので、そこからひっぱって来て毒にも薬にもならない
   解決方法を示したところでタイムオーバー。

   読んできたことを余すことなく吐き出しつくしたので、解答用紙の裏表の
   ほぼ全面を使い切る快挙でした。
   もっとも、字がでかい上に、文章の流れとしてまとまってないので
   どうにも散漫な印象はぬぐえませんけど。


   落とされるほどひどいことは書いてないつもりなので、次に向かって
   がんばります。
   
   次回、Round2「倫理倫理で夜も寝られず」は2月9日の放送実施になります。
posted by Livingdead at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

終わる授業 始まりの試験

終わってみればあっさりとしたものです。
法科大学院での最後の授業が本日終了いたしました。
今学期についてはもう一つ緊張感に欠けるコマ数だったので
先学期のような達成感には少々遠い感じでもあります。

それでも2年前の4月ごろは「やってけるのか、いろいろと・・・」
と思っていたことを考えれば、よく乗り切ったと言えます。


とまぁ、他愛もない感想はそのうち書くかもしれないということで、
明日からさっそく期末試験が始まります。
ターゲットは3科目6単位、目標を卒業に入れてスイッチ。


そして試験前日に漫画を2冊も貸してくれるという友人を持ったことで、
ここに通った2年間は無駄ではなかったと悟りました。
そんな試験前日に借りたもんを読むわけが。絶対読みませんて。絶対にね。
posted by Livingdead at 01:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月27日

日々は静かに発狂し

ロー入学から2年後、
一安心したはずの法科大学院生達が再び限界にきていた。
矛盾した制度を「不思議と思わない」不可思議な現状。
繰り返す穏やかな日常と、進行していくもう一つの司法試験。
再び運命の幕は上がる。それは約束の四日間。
その先にあるものは、修習か三振か。


〜100%記念コピペ 参考リンクは諸事情で割愛で。


「進行していくもう一つの司法試験」なのですが、これがあいかわらず
水面下で進んでいるという感じですね。
出たとこ勝負で確立した対策もないので何をしていいやらという
雰囲気です。おかげで眠りも浅いです。脳も発酵しそうです。


私の学校では、答練(主に択一?)を受けてる人がそこそこいるようです。
それでも受けてる人は半分はいないでしょうね。黙ってるだけかもしれませんけど。
というか周囲との接触が少ないだけかもしれません。

個人的にはLECでも利用しようかと思っていたのですが、
一向に新司法試験対策が始まらないので軌道修正を余儀なくされております。
やはり分母が小さいので元がとりにくいのですかね?


さらに、今は期末試験もあるのでそこら辺との兼合いが難しい時期でもあります。
posted by Livingdead at 10:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

限定(?)セミナー 感想

高校の友人に呼ばれていったところで、友人の友人に
「今は勉強がうまくいってなくてやさぐれてるけど」
って紹介されましたよ。

こういう性格なのは仕様でアプリオリにであってナチュラル・ボーン・ヤサグラー
なのであるから、という伝わらない心の叫び。


ずいぶんと前になりましたが、会社法改正についてのオムニバスセミナーが
ありました。新会社法の各分野について先生方がお話をしてくれるという
ありがたい企画ですね。

一応新会社法を勉強する機会のない3年生向けという建前ですが、
中には、どうみても2年生です、本当に(略、という人もいたのは気にしない方向で。
特にチェックもないですし、それで座る席がなくなるなんてこともありませんでしたし。


内容としては私がどうこう語れるものではないので省略しますが、
現行法を前提にしてどこがどうなったか、どうしてそこが変わったかを中心にした
ものだった、と思います。
なにぶん自分の理解が怪しいので・・・

興味深いのは各先生の違いでしたね。
資料一切なしで話された先生から、10p程度のかなり詳細なレジュメを
作ってこられる先生、新聞記事も素材にした先生と個性が出て面白かったです。
1回のセミナーの中での力の入れ具合で、その先生がどこに注目してるか、
なんていうこともわかったりというのもありましたし。


ちなみに、これに似た講義で社会人向けのものが開催されるそうです。
全5回で費用が数万かかるということなので、そういう意味では
私達は運がいい、といったところでしょうか。
posted by Livingdead at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 法科大学院 2年目冬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。